2007年12月29日

今年一年お世話になりました。

「メタボリックシンドローム」になってしまった人やその予備軍の方たちにお送りします。
中年男性に送る、さるとび流ダイエットの提案です!
ダイエットの本来の意味は「改善」です。

ダイエットよりも簡単に体重を落とすことが容易なことが
私自身の身体に起こりました。

風邪菌がお腹に入ってしまった為か、胃腸炎になってしまい
汚い話ですが、まるで蛇口をひねるかのごとく・・・・です。

人間の身体とは摩訶不思議なものだと、改めて、しかもトイレの中で
感じ入っておりました。

この状況に妻がボソリと一言
「随分体重減ったんじゃない?」

・・・・なにやら恨めしそうな目つきでした・・・。

最近飲んでいた宿便解消効果もあるというダイエット茶の効果はすさまじく、毎日トイレでフィーバーでしたが
胃腸炎によるフィーバーが止まらなくなるとは夢にも思わなかったなぁ。

おかげで今日は救急の病院で点滴をうってもらいました。

今年もあとわずかとなってきましたが、皆さんの今年はどんな年だったのでしょうか?
多少なりともメタボリックシンドロームが改善されてのならば
すばらしいことです。

今年の努力が来年の実となりますよう
お祈り申し上げます。

次回は2008年からとします。
今年一年、拙い私の記事を読んでくださいまして、有難うございました。
少しでもダイエットやメタボリックシンドロームの改善に役立てられるよう、良いと思ったことを記事にしてゆきます。
それでは良いお年を。

posted by さるとび at 23:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | くらしと健康は切り離せない

2007年12月12日

飲む前や飲むときにはタンパク質を摂ろう

「メタボリックシンドローム」になってしまった人やその予備軍の方たちにお送りします。
中年男性に送る、さるとび流ダイエットの提案です!
ダイエットの本来の意味は「改善」です。

今日もダイエット茶によって、快調というよりも快腸です!

もう既に皆さんの周りでは、飲み会(忘年会)などで普段異常に
飲んだり食べたりで、胃腸をこき使っていませんか?

忘年会シーズンでの飲む席でのちょっとしたダイエットの為の
アイデアですが、お酒ってダイエットに関しては悪者扱いされています。

これはお酒に含まれる糖分を大量に摂取してしまうことから
悪者にされています。

だったら、この糖分を消費(燃焼)させやすい食べ物を多めに摂れば
いいことなんですよね!

それは「タンパク質」です。

タンパク質は、肝臓の為の栄養素とも言われていますので、お酒を飲む前に食べておくと、次の日二日酔いになりにくいそうです。

ではタンパク質ってどんなもの?って人に

・魚
・鶏肉
・羊肉
・牛肉
・豚肉

上記肉類は、筋肉にとっても必須で、筋肉を作るためには肉類は
欠かせません。
筋肉が多くつけばつくほど代謝機能もアップしますので
普段でも食べる習慣をつけたほうが良いと思います。

その他には、よく知られている「シジミ」が言いと思います。
シジミには良質タンパク質が含まれていて、なんと言ってもアミノ酸配合率は100%!

その墓には豆腐(木綿)も、良質タンパク質が含まれていてお勧めです。

何はともあれ、飲み過ぎには注意しましょうね!

posted by さるとび at 22:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | くらしと健康は切り離せない

2007年09月19日

ふとももを細く

「メタボリックシンドローム」になってしまった人やその予備軍の方たちにお送りします。
中年男性に送る、さるとび流ダイエットの提案です!
ダイエットの本来の意味は「改善」です

普通のダイエットに成功しても太ももや下半身部分まで細くするというのは、なかなか難しいでしょうね。
体重を減らすことに成功しつつ、やはり部分的に気になるところも
細くしたいと思います。

ふとももを細くしたいのは女性に多いですが、方法としては両方の手のひらの手首に近い部分をぴったりと太ももへあてて、力を入れて上から下にこすります。
この時、バスタオルなどを当てて行うと、皮膚を傷つけないでしょう。

次に反対に下から上へと力を入れ、つかむようにマッサージします。何度か繰り返し、筋肉が張ってくる感じがしたら終わりにします。

血行や水分代謝も改善する方法ですので、足の疲労回復やむくみ取りにも効果があります。

ほかには椅子に腰掛け、足はそろえてリラックスさせて、親指と人差し指で膝のお皿を両側からつかむようにしてマッサージします。お皿を持ち上げるようにしたら、お皿の両側を30回ほど押すようにマッサージします。

次はたたくことで疲労回復やむくみに働きかける方法です。
椅子に腰掛けて、足はリラックスさせ、両方の手のひらの付け根で、力を入れて弾ませるように太ももの上から下へ30回くらいたたきます。もちろん、1回だけでも疲労回復やむくみには効きますが、ダイエット効果は得られませんので、10回とか自分なりに決め手行うと良いでしょう。

上記の太ももへのマッサージを毎日続けることで、少しずつですが効果が感じられるようになります。
根気よく、続けてみましょう。

posted by さるとび at 22:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | くらしと健康は切り離せない

2007年09月18日

チョコレートダイエット考

「メタボリックシンドローム」になってしまった人やその予備軍の方たちにお送りします。
中年男性に送る、さるとび流ダイエットの提案です!
ダイエットの本来の意味は「改善」です


チョコレートダイエットとは、カカオ含有量70%以上のチョコレートを50g(板チョコで半分)程を、1日に数回わけて食べることにより肥満を防止してくれるダイエット方法です。

チョコレートと聞くと、高脂肪と高カロリーでダイエットには良くないような印象を持っていましたが、チョコレートの成分はダイエットと健康に効果があります。

ダイエットに良いとされるチョコレートや、摂取に関する方法と栄養素に関してまとめて見ました。

■カカオ含有量70%以上のチョコレートがダイエット効果がある。
■1日の摂取量は50gに抑え、食事の前など空腹時に摂取する。
■チョコレートの主成分でもあるカカオには、タンパク質やアミノ  酸、脂質、糖質、食物繊維、ミネラル、ビタミンE含まれている。
■カカオに含まれるポリフェノールが血液をさらさらにして代謝をア ップする。
■脂肪分解酵素リバーゼの働きを抑え脂肪が血液中に残るのを防ぎ体 脂肪率を上げにくくする働きがカカオにはあるのです。


そのカカオがダイエットに効果があということは、現在では「チョコレートダイエット」で検索をすると、多くのサイトで紹介されています。

一日の中でどのようなタイミングでチョコレートを食べるのがダイエットに効果的なのかというと、食事を摂る20分ぐらい前に適量のチョコレートを、味わう程度食べると良いそうです。

食前にチョコレートを食べることにより、満腹中枢が刺激され、いつもより食事の量が少なくなります。

また チョコレートの甘い香りには、集中力と記憶力を高めてくれる効果があり、カカオはストレスによって増加するホルモンの分泌を抑え、精神的なストレスに対する抵抗力を強めてくれます。

posted by さるとび at 23:22 | Comment(0) | TrackBack(1) | くらしと健康は切り離せない

2007年09月17日

耳つぼダイエット

「メタボリックシンドローム」になってしまった人やその予備軍の方たちにお送りします。
中年男性に送る、さるとび流ダイエットの提案です!
ダイエットの本来の意味は「改善」です

いろいろなダイエットを試しては失敗してきている方もいらっしゃるかと思います。多くのダイエットでの要点としていることは、食欲中枢を刺激し 満腹感を得る。

食べる栄養素を考え 運動すると言ったことになると思います。
そこで、耳つぼダイエットにチャレンジしてみてはどうでしょうか?

耳には、さまざまなツボがあり、集約されていると言ってもよいでしょう。
4000年の歴史が有るといわれる東洋医学では、「さまざまなツボが耳に集約している」といわれます。

中国の耳針療法から発祥した、耳ツボを使った治療法は、紀元前からあったそうです。

耳つぼダイエットとは耳にある「食欲中枢のツボ」を刺激することによって、食欲を抑え「太る体質」を根本から変えようというものです。

体重を減らすだけならば食べなければいいのですが、それでは「やつれた」だけで終わりです。

健康的に痩せることを目的として、つぼを刺激して“食欲”を極力減らす耳ツボダイエットは、「食欲」を我慢することなくストレスにもなりませんね。

耳には様々なつぼが集まっています、耳つぼダイエットを実践するには専門の方からアドバイスを得るか、書籍等を参考にして進めるようにしましょう。

posted by さるとび at 17:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | くらしと健康は切り離せない

2007年09月14日

痩せるには

「メタボリックシンドローム」になってしまった人やその予備軍の方たちにお送りします。
中年男性に送る、さるとび流ダイエットの提案です!
ダイエットの本来の意味は「改善」です

ダイエットが思うように行かない、体重が落ちないなどであきらめてしまう人が多いようですが、やはりダイエットは方法です。

無理のない、健康を害しない方法がベストですね。

そして抑えるべきは、3要素です!

食生活の見直しと、運動、筋肉をつけることを実践できれば
思いのほか痩せてゆきます、というか健康な身体になってゆきます。

どうしても痩せることが目標になってしまいますが、そこはこらえてゆきましょう。



posted by さるとび at 17:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | くらしと健康は切り離せない

2007年09月13日

間違ったダイエットによる置き土産

「メタボリックシンドローム」になってしまった人やその予備軍の方たちにお送りします。
中年男性に送る、さるとび流ダイエットの提案です!
ダイエットの本来の意味は「改善」です

間違ったダイエットや、急激な減量を目標としたダイエットは
身体の中に置き土産を残して行くことが多いと報告されています。

「置き土産」???

それは、「胆石」です。

これはダイエットで体重を落としたいがために食事量を急に減らした為、胆汁が濃縮されてしまう為といわれています。

しかも、石自体が急激に大きくなる傾向があり、早くて1ヶ月で
胆石による症状が発症してしまいます。

間違ったダイエットや、ダイエットに対して認識不足している為に引き起こされる症状の一つですね。
日頃から正しい食生活を送ることと、充分な水分補給をしていれば
あの、痛くて痛くてしょうがない胆石の症状に悩まされることは
ないでしょう。



posted by さるとび at 20:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | くらしと健康は切り離せない

2007年09月12日

あなたは本当に太ってますか?

「メタボリックシンドローム」になってしまった人やその予備軍の方たちにお送りします。
中年男性に送る、さるとび流ダイエットの提案です!
ダイエットの本来の意味は「改善」です

前に肥満の定義について書きましたが、肥満なのかそうでないのか
解ったと思います。

しかし、人というのは自分が肥満であると思い込んでしまう傾向があり、特に女性がそうです。
20代の女性で、やせる必要の無い人の7割の方たちは、ダイエットをしたことがあります。

ですので、あなたが本当に痩せるべき身体であるのか計測することを
薦めます。

それからでもダイエットを実践するのは遅くありません!(^^)!

でも、でも、でも!

痩せなくても良い身体だからって安心はいけませんよ!
生涯を通してダイエットは、あなたの健康を守る最善の方法です。

ダイエットは痩せること・・・・ではなく、食生活や生活習慣の改善をすることにより、健康を維持して行く方法です。

体重を落としたいなら食べなきゃいいんです。
痩せたいのなら、激しい運動をし続け、食べない、寝ないで大丈夫です。


一つだけ、言っておきますね。
どうしてもガッツリ食べたくなる時が必ず来ます。
間違いなくきます!
申し訳ありませんが、来ます!

そしたらこうしちゃってください・・・・・

好きなだけ食べるんです!

だって、ストレスのせいでガッツリ食べたいとイライラしてるはずですから、ストレスを解消しなければ健康にも精神的にも悪いに決まってるじゃないですか!

ストレスはホルモンのバランスに悪影響を与えます。
でもね・・・
限度って言葉があるように、お腹壊さない程度にしましょう!








posted by さるとび at 22:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | くらしと健康は切り離せない

2007年09月11日

米国肥満状況の驚き

「メタボリックシンドローム」になってしまった人やその予備軍の方たちにお送りします。
中年男性に送る、さるとび流ダイエットの提案です!
ダイエットの本来の意味は「改善」です

F as in Fat: How Obesity Policies Are Failing America, 2007
上記の英語文は、「F評価の米国肥満対策 2007」と題された
米国の肥満状況報告です。

全50州と首都ワシントンで集計され
肥満度数(BMI)30以上の肥満者が25%という比率が記録されました。

米国では前年度の肥満度指数(BMI)30以上の肥満者の割合が
14州であったのが、今年は19州で検査対象者の25%を超えた。

いつも思うのですが、米国人の食生活は身体が大きいこともあるのでしょうが、日本人の2倍はあるのではないでしょうか?

以前ハワイへ旅行した時にレストランで注文する際、レストランの店員に「多すぎるよ」と、注意を受けたことがある。

日本のレストランで注文するように、「これと、これと・・・。」
3つ目で店員からストップがかかった。



マクドナルドへ入った時もそうでした。
ジュースをミディアムで注文したら、日本で言う「超ビッグ」が
トレーに乗せられた。

感覚がまるで違うことに妻と二人、どうなってんだ米国人!って感じで同じ人間として認めることが出来なかったものです。

健康オタクでも有名な米国人という印象もあったのですが
子供まで肥満度指数(BMI)の高いことが報告され、約2500万人
が過体重とみとめられています。


我が家でも子供の食事に大人と同量のおかずを出したりしていましたが、最近は気をつけて半分の量にしています。
量を半分にすると、もう半分余っちゃうんですけど
その分は翌日に回すことで解消。

料理を余らしたくない、せっかく解凍したのにって思いますが
子供のために栄養の過剰摂取にならないよう、注意をしなければ
子供は自分で自分の量を調整したりしませんからね!

子供の健康を守るのも害するのも、すべては親の気遣い一つです!







posted by さるとび at 23:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | くらしと健康は切り離せない

2007年09月10日

肥満症の定義

「メタボリックシンドローム」になってしまった人やその予備軍の方たちにお送りします。
中年男性に送る、さるとび流ダイエットの提案です!
ダイエットの本来の意味は「改善」です

肥満症には定義があります。

肥満度をあらわす数値として用いられる、BMI(体重指数)は
一般家庭でも、体脂肪計を購入することで自分の体重指数を知ることが出来ます。

BMIを簡単に言うなれば、慎重に対する体重の割合かな(^^♪

肥満度1=25〜30
肥満度2=30〜35
肥満度3=35〜40
肥満度4=40〜

上記数値は基準としてみてくださいね。

肥満度がどうであろうと肥満症の定義は、「肥満を原因として、健康障害を引き起こした状態、或いは減量を必要とする状態」を言います。

ですから、お腹の肉がつまめるとか、握れるといっても
絶対的にダイエットが必要というわけではないということです。

安心しました?!(^^)!


肥満が起因となり健康障害を合併する、これこそメタボリックシンドロームですね。

メタボリックシンドロームのすぐ傍には皆さんご存知の、動脈硬化の危険因子である、「高血圧」、「糖尿病」、「高脂血症」の存在があります。

つまり命を危険な目にあわせる病気や症状の銀座通りでもあるんです。

ちょっと解りづらい表現でしたか?^^;

肥満だ肥満と悩むのは早計で、
まずは自分の身体の体脂肪がどれほどなのか知ることです。
体脂肪計で計る場合は、1週間でいいですから、毎日同じ状態
たとえば、入浴後とか朝起床したらすぐとか、なるべく決まった時間
きまった行動の後などに計ると、正確さが増します。

体脂肪計とはいっても、身体の水分量から割り出す為、食後すぐとかは計らずに、身体の状態が一定であるような時間帯を選びましょう。

posted by さるとび at 23:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | くらしと健康は切り離せない

2007年09月09日

糖尿病

「メタボリックシンドローム」になってしまった人やその予備軍の方たちにお送りします。
中年男性に送る、さるとび流ダイエットの提案です!
ダイエットの本来の意味は「改善」です

「糖尿病」とは、食事によって身体に取り入れられた栄養分から作られる”ブドウ糖”が、血液の流れによって身体の隅々まで送られ
細胞の生成や、筋肉を動かす為に使われますが

そのブドウ糖が各細胞や臓器、筋肉に使われること無く、血中に
溢れかえっている状態をいいます。

では何故血中のブドウ糖が使われること無く、血中に溢れかえってしまうのかと言うと、インスリンというホルモンの作用が低下してしまうからです。

インスリンというホルモンは、血液中のブドウ糖をエネルギーを必要とする筋肉や臓器などに運んだり、血液中のブドウ糖を他の活動エネルギーに変換させたりと、ブドウ糖を調節する働があります。

ところがそのインスリンホルモンの作用が低下してしまったために
血液中に未処理のブドウ糖が溢れかえってしまうのです。

原因としては、生活習慣の偏りが一番の原因として挙げられます。
お酒の飲みすぎ、睡眠不足、食事の偏りからインスリンホルモンの
バランスがくずれ、糖尿病になってしまいます。

糖尿病ほど辛い病気はありません。
食事制限により、食べたいものも食べられないのは、人間の持つ
3大欲のうちの一つ、食欲を捨てなければならないわけですから!

症状がひどくなると、視力を失ったりしますので、私はこの病気にだけはなりたくないと思っています。

食事と普段の生活を、真剣に見直さなければならない人
いませんか?

あなたは大丈夫ですか?

posted by さるとび at 17:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | くらしと健康は切り離せない

2007年09月08日

高脂血症

「メタボリックシンドローム」になってしまった人やその予備軍の方たちにお送りします。
中年男性に送る、さるとび流ダイエットの提案です!
ダイエットの本来の意味は「改善」です

肥満により起こる病気で「高脂血症」があります。
こういった症状にならないよう、ダイエットは生活の中で取り入れてゆかなければならない生活習慣の一つとして考えていただきたいですね。

では、「高脂血症」とはいったいどんな症状なのか、どうしておこるのかを説明します。

この症状は、血液中のコレステロールや中性脂肪が、多過ぎておこる症状です。
血中にいくら脂肪が増えたとしても、本人は何も感じません。
つまり、自覚症状がまったく無いのです。

では、これをそのまま放置しておくと、血管の内側壁に脂肪が溜まり
最悪の場合血液の流れを止める、動脈硬化をひきおこしますが
そうなった場合でも、自覚症状が無い為心筋梗塞や脳梗塞をひきおこします。

コレステロールや中性脂肪の摂り過ぎは、上記のような恐ろしい症状を引き起こす原因となりますが、採り過ぎないということを注意すれば良いだけです。

なんせ、両者は人の身体を健康に保つ為には必須ですから。

ですから、脂肪の多い食事を摂った場合は、野菜をいつもより多く摂るとか、連日脂肪の多い食事をするのを避けるように注意しなければいけません。

食事がいかに大切かを再認識してください。
私も、カツ系の揚げ物が大好きなんですが、1ヶ月に2回ほどしか
食べません。

ほかの食事で脂肪分を摂ってます。

自覚症状の無いものほど、怖いものはありません。
ダイエットは、命を危険から回避させる為の対処法です。


posted by さるとび at 20:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | くらしと健康は切り離せない

2007年09月07日

ウエストの引き締め

「メタボリックシンドローム」になってしまった人やその予備軍の方たちにお送りします。
中年男性に送る、さるとび流ダイエットの提案です!
ダイエットの本来の意味は「改善」です

ここに来てダイエット腹筋が功を奏しているのか、ベルトの穴が一つ
内側でしめる事が出来るようになった!

こいつは驚いた!

いきなりテンションがアップしてしまい、妻に「朝から何?!」って
にらまれました(-_-;)

ダイエット腹筋にも色々な方法を取り入れたりと、頑張ってきた明石なのです!

寝る前のほんの3分間で出来るダイエット腹筋
あなたのお腹、特に横っ腹はどれぐらいつまめますか?
えっ?
にぎれる?



それって、やばいですよぉ〜!

posted by さるとび at 18:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | くらしと健康は切り離せない

2007年09月05日

急激なダイエットの後遺症

「メタボリックシンドローム」になってしまった人やその予備軍の方たちにお送りします。
中年男性に送る、さるとび流ダイエットの提案です!
ダイエットの本来の意味は「改善」です

2ヶ月で体重を16kg減量とか、ダイエット食品のセールスレターにありますが、これはどういう意味かわかりますか?

一気に体重の20%以上の減量は、様々な後遺症を引き起こす原因となります。

基礎代謝の低下、行動が緩慢、手足の冷え、筋力の低下、心拍数の低下、性的機能の低下、女性では無月経になるなど、様々な後遺症が出る可能性があります。

結果を出すことによって満足を得られるダイエットをしたがる傾向が強いのが女性です。

私は、1ヶ月に1kg減量できれば最高だと考えます。
1年間で12kgです。

以外や以外って感じでしょ?!(笑)
ダイエットを進めてゆく上で、体調も良くなってきます。
なんか、身体が軽くなったな〜とか、便の出が良くなったとか。

こういった状態になったら、ダイエットの方法にも変化を与えると良いですね。

ただし、体重が減ってゆくことに快感を感じないように注意しましょうね。

posted by さるとび at 22:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | くらしと健康は切り離せない

2007年09月04日

肥満関連病

「メタボリックシンドローム」になってしまった人やその予備軍の方たちにお送りします。
中年男性に送る、さるとび流ダイエットの提案です!
ダイエットの本来の意味は「改善」です

肥満が起因する病気や症状がありますので、頭の中に入れておいて下されば
良いかと思います。

・糖尿病 ・脂質代謝異常 ・高血圧 ・脂肪肝 ・高尿酸血症 ・腰椎症
・痛風 ・冠動脈疾患 ・心筋梗塞 ・狭心症 ・脳梗塞 ・脳血栓
・一過性脳虚血発作 ・睡眠時無呼吸症候群  ・変形性関節症
 
こんなにあるんですねぇ。

それぞれの病気や症状を、インターネットで検索して調べることを
お奨めします!

特に肥満を気にされているかたは、上記の症状や病気に心当たりは
ありませんか?




posted by さるとび at 17:36 | Comment(0) | TrackBack(1) | くらしと健康は切り離せない

2007年09月03日

肥満の人ははたから見れば・・・

「メタボリックシンドローム」になってしまった人やその予備軍の方たちにお送りします。
中年男性に送る、さるとび流ダイエットの提案です!
ダイエットの本来の意味は「改善」です

肥満で丸々太ったアメリカ人なんかをテレビ番組で見る機会がありますが、妻が必ず言うことは「なんであそこまで気付かないでいるんだろう?」です。

私も同感なんですが、自分のお腹が出てきたときに、確かに私は
お腹が出っ張ってきたのを自覚してました。

しかし、だからって別に危機感なんて持ちませんでした。
そういうときに限って、食べるもの全てが美味しく感じて
寝る前だろうが、お菓子を日課のように食べてました。

ですからお腹が出てきたという事実に、納得してました。

食べたいものをガマンするってこと、頭の片隅にも浮かぶことも無く
気が付いたらウエスト径73cmが、84cmへと
成長・・いえいえ、ブックリと脂肪が蓄積されていました。

人間って不思議ですね。
肥満の人にお菓子などの間食をやめるように言うのは簡単ですが
肥満の人にとってその提言は、肥満でない人に
「1日3食の食事を、2食にしなさい。」と言っているのと
同じくらい非常識で戯言なんです。

わかります?

健康的な体型の人に、1日2食にしろとは、「なんで?」ですよね。
3食の食事は常識ですから。

それと同じく肥満体型の人にとって間食は、日常的な常識になってしまっているんです。

それを止めろだなんて・・・・・・・・・


やめなさい!!!!

posted by さるとび at 22:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | くらしと健康は切り離せない

2007年09月02日

肥満からの脱却

「メタボリックシンドローム」になってしまった人やその予備軍の方たちにお送りします。
中年男性に送る、さるとび流ダイエットの提案です!
ダイエットの本来の意味は「改善」です

肥満を予防したり、肥満の改善策として簡単な方法としては
摂取カロリーより、消費カロリーを増やすと肥満を改善することができるそうです。

しかしながら、カロリーだけに焦点を絞っては健康面で問題が出てくるかもしれないと危惧してしまいます。

必要摂取カロリーを摂らずして、カロリー消費にばかり気をとられそうだと思いませんか?

身体の中でも代謝によってカロリーは消費されます。
ですので、必要以上の運動でカロリーを消費させようとするのは
危険と言っても過言ではないでしょう。

ダイエットをするのであれば自分のルールを作り、無理の無いダイエットをしましょう。

posted by さるとび at 14:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | くらしと健康は切り離せない

2007年09月01日

3ヶ月間のダイエット腹筋の成果

「メタボリックシンドローム」になってしまった人やその予備軍の方たちにお送りします。
中年男性に送る、さるとび流ダイエットの提案です!
ダイエットの本来の意味は「改善」です

昨日8月31日で、ダイエット腹筋を始めてから3ヶ月たちました。
成果のほうは、当初84cmあったウエスト径は

80.5cmになりました!

体脂肪率でいうと、19.2(BMI)だったのが

17.6(BMI)に改善できました!

数値としては微妙ですが、急激な改善を求めず少しづつの改善が
目的だったので、私自身結果には満足しています。

これからもダイエット腹筋は継続してやっていきますが
つい最近購入したズボンのウエストに余裕が出てきたので
そのうち修正しなければならないかなぁと、ちょいと気にしてます。

継続こそ力なり・・・という言葉もあるように
一時しのぎのダイエットなんて、なんの役にもたちません。

「○○日で○○kg減量に成功!」なんてセールス文句に惑わされないようにしましょうね。

posted by さるとび at 11:13 | Comment(0) | TrackBack(1) | くらしと健康は切り離せない

2007年08月31日

痩せたい欲求と・・・

「メタボリックシンドローム」になってしまった人やその予備軍の方たちにお送りします。
中年男性に送る、さるとび流ダイエットの提案です!
ダイエットの本来の意味は「改善」です

痩せたい欲求と、それを阻害する欲求の両方があるために
人は痩せないのかもしれませんね。

どういうことかというと、痩せるためにはどうすればいいのか
解ってはいるものの、運動をするよりじっとしていたいとか
カロリーを控えればよいのに、大好きな揚げ物ばかりを食べてたり

ダイエットを邪魔する欲求が多いがために、ダイエットができないでいる。

案外簡単なことが理由で、痩せることが出来ないでいるんです。

皆さんもわかってますよね?
どうすれば痩せるのか
健康的な食事法
健康的な生活習慣
運動がダイエットに良いことも

解っていることを実行するだけで痩せれます。
健康になれます。

これ、いつも自分自身に言って聞かせてはいるものの

人間の欲求って、いっぱいあるんだってこと
そのことに気が付いて、感心しちゃって

ダイエットをおざなりにしてるんです。

もしかして皆さんも?



posted by さるとび at 22:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | くらしと健康は切り離せない

2007年08月30日

ダイエットは食べることから

「メタボリックシンドローム」になってしまった人やその予備軍の方たちにお送りします。
中年男性に送る、さるとび流ダイエットの提案です!
ダイエットの本来の意味は「改善」です

人は太るように出来ているらしいです!

その理由は、大昔の原始人と云われた時代には、食べるものが乏しく
食べるものがあるときには、食べれるだけ食べてエネルギーを蓄積するようにしていたということで、なぁるほど、うなずけますよね。

カロリーを多く取り込むことができれば、それだけ長く生命力を維持して行けるということです。

現代ではそれがネックとなり、人間の自然な身体の働きに逆行して
カロリーのとりすぎや脂肪の蓄積を嫌い、できる限り身体からカロリーや脂肪を遠ざけようとします。

それを「ダイエット」と称して、色々なダイエット法や商品が出回っていますね。

こんな言葉を聞いたことが有ると思います
「ダイエットは食べることから!」

まさしくその通りだと思います。
食べることにより、代謝機能を活性化させることも出来れば
不要な脂肪の排出もできるんです。

ダイエットは食べることから始まります!」

posted by さるとび at 23:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | くらしと健康は切り離せない

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。