2008年05月05日

2ヶ月で10kgのダイエット



メタボリックシンドロームからの復活!ビジネスマンが考えた非常識なダイエット論(完全サポート版)

ダイエットに成功した時の気持ちをあなたも味わってみませんか?

2ヶ月間、ダイエットに対し取り組んでみる気が有るのなら
難しいことはせずに、しかもダイエットをしている感覚も無く

ダイエットを成功させて見ませんか?

posted by さるとび at 20:08 | Comment(1) | TrackBack(2) | メタボリックシンドローム

2008年03月27日

代謝アップ

「メタボリックシンドローム」になってしまった人やその予備軍の方たちにお送りします。
中年男性に送る、さるとび流ダイエットの提案です!
ダイエットの本来の意味は「改善」です。

人にはそれぞれ個々に、基礎代謝といって
呼吸したり、体温を維持させたり、呼吸のほか
食べたものを消化するといった、体内での活動に必要な
最低限のエネルギーがあります。

つまり、命を維持する為のエネルギーですね。

この基礎代謝量をふやすことによって
食事で体内に入ってきた栄養分(エネルギーの元)を
多く消費することが出来ます。

いま、肥満でなんとか身体全体に付いた脂肪分を取りたいと
思っている方は、食事で摂るエネルギーよりも
基礎代謝量を多くすることにより

脂肪をエネルギーに変換させ、燃焼されやすくなります。

その為には、基礎代謝量が増えるような身体に
しなければなりませんが
簡単に代謝機能をの働をよくする方法があります


それは、朝食をしっかり摂ることです。

朝起きたばかりで食欲が無いからと、朝食を抜いてしまっては
身体の中の各器官の活動を活発化させる交感神経の
働きが悪くなり、代謝機能もそれにあわせ
なかなかアップしない状態になってしまいます

朝食を摂ることにより、お腹の器官が働き出し
交感神経をしげきして、代謝を高めやすくなりますので
朝食は必ず摂るようにしましょう。

posted by さるとび at 22:47 | Comment(2) | TrackBack(0) | メタボリックシンドローム

2008年03月20日

桑の葉茶

「メタボリックシンドローム」になってしまった人やその予備軍の方たちにお送りします。
中年男性に送る、さるとび流ダイエットの提案です!
ダイエットの本来の意味は「改善」です。

メタボリックシンドロームの予防に一役かうのが
桑の葉に含まれる、デオキシノジリマイシンです

これは、食事で摂取した糖分が体内に入ることにより
象徴でブドウ糖に分解され、吸収されます

これにより食後、血糖値が上昇するわけですが
先に述べたデオキシノジリマイシンは
糖分が小腸に吸収されるのを阻害します。


その他にも鉄、亜鉛、カルシウム、カリウムといった
ミネラルも含まれているため
食事の時にいっしょに飲むことで、栄養バランスの良い
食事に一役かうことにもなりますね。

posted by さるとび at 22:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | メタボリックシンドローム

2008年03月13日

ウーロン茶の効能を生かす

「メタボリックシンドローム」になってしまった人やその予備軍の方たちにお送りします。
中年男性に送る、さるとび流ダイエットの提案です!
ダイエットの本来の意味は「改善」です。

ウーロン茶にはポリフェノールという成分があり、血管内の
脂肪分解酵素リパーゼの働を活性化させ、中性脂肪の分解を
促進させます。

食後の血糖値が上昇するのも抑えるとともに、カフェインが
脂肪分解を促進させます。

ウーロン茶の効能には他に、リラックス効果を与えるテアニンが
含まれており、仕事をしながら飲むことでストレスを溜め込まない
よう、働きかけてくれます。

このような太らない体質に役立つウーロン茶ではありますが
ウーロン茶さへ飲んでいれば、いくら食べても大丈夫だと
勘違いされないよう注意してください。

posted by さるとび at 22:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | メタボリックシンドローム

2008年03月05日

香辛料を使って代謝アップ

「メタボリックシンドローム」になってしまった人やその予備軍の方たちにお送りします。
中年男性に送る、さるとび流ダイエットの提案です!
ダイエットの本来の意味は「改善」です。

なかなか痩せる事が出来ないとお悩みならば
食事に香辛料を使った料理を取り入れて見てはいかがですか?

香辛料は交感神経を刺激して、代謝を活性化させます。
よく知られている唐辛子は、辛味成分であるカプサイシンが
交感神経を刺激し、脂肪を分解する成分であるアドレナリンを
分泌し、脂肪分解を促進させます。

このほかに、こしょうやガルシニア、しょうがなどが
脂肪を燃焼させるのに有効です。

posted by さるとび at 22:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | メタボリックシンドローム

2008年02月26日

緑黄野菜で細胞をいきいき

「メタボリックシンドローム」になってしまった人やその予備軍の方たちにお送りします。
中年男性に送る、さるとび流ダイエットの提案です!
ダイエットの本来の意味は「改善」です。

色の濃い野菜というと、緑や赤や黄色の野菜を思い浮かべますが
こういった色の濃い野菜には、様々な栄養素があるのを
ご存知ですか?

カロテノイドといわれる、βーカロテン、αーカロテン、リコピン
ルチンが多く含まれており、身体の細胞を元気にしたり
抗酸化作用で老化防止にも活躍します。

そのほかビタミンや食物繊維、カリウムも含まれており
高血圧予防や動脈硬化予防、肥満、ガン予防にも役立つ
栄養分が多いので、積極的に摂取したいですね。

posted by さるとび at 22:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | メタボリックシンドローム

2008年02月23日

満腹感を得られる一品

「メタボリックシンドローム」になってしまった人やその予備軍の方たちにお送りします。
中年男性に送る、さるとび流ダイエットの提案です!
ダイエットの本来の意味は「改善」です。

今日はちょっとしたおかずの紹介です。

案外満腹感を得られますのでお奨めですよ

しらたきとじゃこの炒めです。

しらたきというのはコンニャクですね。
こんにゃくはほとんどが水分(97%ほど)で、のこり3%が
グルコマンナンという水溶性食物繊維という構成で出来ています。

このグルコマンナンには、腸内でコレステロールや老廃物質を絡めとるようにして排出してくれます。

しらたきというと白い(半透明)ものですが、できれば灰色で黒っぽいもの(ひじきや昆布)が混じっているものが良いと思います。

味付けは、砂糖を小さじ1(2人分)
醤油ベースで、フライパンにサラダ油を引いて炒めます。
しらたきは150g、ジャコは30gの割合です。

醤油は薄口醤油で、味が濃くならないように注意しましょう。



posted by さるとび at 18:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | メタボリックシンドローム

2008年02月20日

海藻

「メタボリックシンドローム」になってしまった人やその予備軍の方たちにお送りします。
中年男性に送る、さるとび流ダイエットの提案です!
ダイエットの本来の意味は「改善」です。

サラダというと一般的に食されるのは、レタスやキャベツ、トマト
などの野菜サラダを思い浮かべますね。

もちろん、野菜を多く摂取することは身体の健康のために役立ちます
それは間違いありません。

サラダは野菜だけではなく、海藻を使ったサラダにも目を向けてみてはいかがでしょうか。

海藻には多くのミネラルと食物繊維、アルギン酸といったものが
含まれています。

アルギン酸は腸で糖や脂肪の吸収を抑える働や、血圧を下げるなど
高血圧の予防や改善にもとても有効性があります。

お酒を飲む習慣がやめられない人には、いっしょに摂りたい食品ですね。

posted by さるとび at 23:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | メタボリックシンドローム

2008年02月16日

にがうりが血糖値を下げる

「メタボリックシンドローム」になってしまった人やその予備軍の方たちにお送りします。
中年男性に送る、さるとび流ダイエットの提案です!
ダイエットの本来の意味は「改善」です。

苦味成分モモジンの高酸化作用が、細胞や血管の老化を予防すると言われています。

沖縄のゴーヤといえば、ご存知ですね。

活性酸素の発生を抑えることが、身体の細胞の老齢化を防ぎますので
にがうりを摂取することで、アンチエイジングとしても
血糖値を下げる効果を得られます。

そのほか、代謝効率をアップさせ、肥満予防にも役立ちます。

苦いからと、あまり好んで食べる人はいないようですが
メタボリックシンドロームを改善したいのであれば
摂取しておきたい食品です。

噛んだ時の苦味がどうしてもっていう人には
ゴーヤに豆乳を入れたジュースを作ってみてはいかがでしょう

豆乳でまろやかになった味なら、大丈夫ではないでしょうか。

(コップ1杯が36kcal、塩分ゼロ)

posted by さるとび at 17:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | メタボリックシンドローム

2008年02月13日

きのこを摂取しよう

「メタボリックシンドローム」になってしまった人やその予備軍の方たちにお送りします。
中年男性に送る、さるとび流ダイエットの提案です!
ダイエットの本来の意味は「改善」です。

私の大好物でもある「きのこ」も、メタボリックシンドロームの改善や予防には最適な食品の一つです。

きのこは低エネルギーで、代謝を活性化する作用を持ち
肥満の改善には取り入れたい食品です。
低エネルギーであるため、多めに摂ることで満腹感を得られますね。

きのこにはβーグルカンという多糖類が多く含まれており
腸で糖や脂肪の吸収を抑える働があります。

しかも食物繊維が豊富ということで、便秘の改善にも役立ち
免疫力や抵抗力を高めるので、普段から摂取しておきたい
食品であることが解りますね。

posted by さるとび at 21:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | メタボリックシンドローム

2008年02月11日

L−カルニチン

「メタボリックシンドローム」になってしまった人やその予備軍の方たちにお送りします。
中年男性に送る、さるとび流ダイエットの提案です!
ダイエットの本来の意味は「改善」です。

サプリメントとしても知られている「L−カルニチン」

これは、脂肪を燃焼を促進させることで知られています。

では、どんな食品に含まれているのかというと
羊肉に多く含まれています。

L−カルニチンはダイエットとして食事の量を減らしている方にとっては、タンパク質の摂取を計る上でも羊肉は摂取したいですね。

L−カルニチン自体、肝臓で合成されるもので、肥満や体力の衰え
などにより、肝臓での生成が衰える為、食品で補うしかありません。

それには羊肉が一番だと言うことなんです。

その他L−カルニチンを多く含む食品としては
牛肉の脂肪の少ない赤身の部分です。

posted by さるとび at 21:12 | Comment(0) | TrackBack(1) | メタボリックシンドローム

2008年02月09日

メタボ予防&改善に良い栄養分

「メタボリックシンドローム」になってしまった人やその予備軍の方たちにお送りします。
中年男性に送る、さるとび流ダイエットの提案です!
ダイエットの本来の意味は「改善」です。

メタボリックシンドロームの予防、改善に有効な栄養成分を挙げて
見ます。

ポリフェノール、ビタミンE、カテキン、タンパク質、ナイアシン
L−カルニチン、カプサイシン、カフェイン、メラトニン、グリシン
ビタミンB1、B2、マグネシウム。EPA,DHA,亜鉛など

肉料理よりも魚料理を多めにしたほうが良いというのは
EPA、やDHAを魚から摂取できるからなんですね。

この二つの栄養分は、体内では合成できない多価不飽和脂肪酸が
含まれていて、脂肪を合成する酵素の働きを抑制します。

この他にも血圧を下げたり、血栓の予防にも効果があります。

posted by さるとび at 15:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | メタボリックシンドローム

2008年02月07日

チョコレート効果

「メタボリックシンドローム」になってしまった人やその予備軍の方たちにお送りします。
中年男性に送る、さるとび流ダイエットの提案です!
ダイエットの本来の意味は「改善」です。

食事と食事の間に食べることの多いお菓子は、糖分が多く含まれるものや、高カロリーなものが多く内脂肪になり易い性質のものです。

けれど、チョコレートのブラックやビターでしたら、30g程でしたら
以外や以外、メタボリックシンドロームの予防効果があるそうです。

チョコレートの中に含まれる、ポリフェノールの抗酸化作用で
血管の老化や代謝機能の低下を抑制できるのです。
しかもストレスも軽減する効果も併せ持っている為
多く摂らない分には、効果が期待できますね。

posted by さるとび at 00:09 | Comment(0) | TrackBack(2) | メタボリックシンドローム

2008年02月04日

外食はカロリーと塩分に注意

「メタボリックシンドローム」になってしまった人やその予備軍の方たちにお送りします。
中年男性に送る、さるとび流ダイエットの提案です!
ダイエットの本来の意味は「改善」です。

会社勤めの方は、昼食時に外食される方が多いと思いますが
外食には高カロリーや塩分の多いものがあることを気に留めて
置くべきでしょう。

丼物やソバ、ラーメンといった一品物を食べるよりは
定食メニューで、おかずが何品か付いたものの方が
栄養バランス的には良いでしょう。

どうしても好きなものを食べがちですが、魚の定食の翌日に
肉の定食、野菜料理が多い定食と言った具合で
同じようなものばかりを続けて食べるのは止めましょう。

塩分の多い食事には次のようなメニューがあります。

・みそラーメン(7.5g)
・豚肉生姜焼き定食(7.2g)
・ぶり照焼き定食(6.8g)
・鍋焼きうどん(6.8g)
・らーめん(6.1g)

カロリーが多目の食事

・かつ丼(960kcal)
・ミックスフライ定食(855kcal)
・ロースカツ定食(832kcal)
・ピラフ(791kcal)
・チャーハン(783kcal)
・酢豚定食(781kcal)
・カレーライス(762kcal)

posted by さるとび at 22:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | メタボリックシンドローム

2008年02月02日

食事の間隔を空けない

「メタボリックシンドローム」になってしまった人やその予備軍の方たちにお送りします。
中年男性に送る、さるとび流ダイエットの提案です!
ダイエットの本来の意味は「改善」です。

食事の間隔が空きすぎると、その分体は飢餓状態になってしまう
おそれがあり、なるべく食事の間隔はあけないようにすべきです。

昼食から夕食の間が一番間隔が空いてしまいがちな
中年男性諸氏が多いでしょうね。
残業や付き合いなどあり、帰宅してからやっと夕食に
ありつけた、何てことが多いと思います。

そんな時は、おにぎり一個か小さな御菓子を口にしておくだけで
次の食事で身体は何が何でも栄養分を摂って置こうなんてことにならず、過食を抑えることが出来ます。

会社では、そのようなことが出来ないと仰られる方も
多いかもしれませんが、職務規定に食事の時間を割り当てられるようになっているはずです。

机の引き出しに隠し持っていても、いいのではないでしょうか?

posted by さるとび at 14:40 | Comment(0) | TrackBack(1) | メタボリックシンドローム

2008年01月31日

お酒の量に注意

「メタボリックシンドローム」になってしまった人やその予備軍の方たちにお送りします。
中年男性に送る、さるとび流ダイエットの提案です!
ダイエットの本来の意味は「改善」です。

仕事帰りにお酒を飲むことがある方も多いのではないでしょうか?
お店に入ってすぐに出てくるのがお酒です。

その為おつまみなどが来る前に、乾杯と称してすきっ腹に
飲んでしまいますが、空腹時のお酒が肝臓の健康を
害することを知っておいて下さい。

肝臓を労わるのでしたら、何か食べてからにした方が
いいですよ。

お酒も飲みすぎては健康を害します。
適量と言われますが、飲み始めてしまうとどれくらい飲んだのか
解らなくなってしまうと思います。

本来なら、ビールで350ml1本、ワインでグラス1杯、日本酒1合
これが一日に飲んでよい適量だそうです。

飲む席でこれでは付き合いにもならない、と言いたいですよね。

だったら、1週間の内、お酒を飲む日は2日にするとか
肝臓を休養させることに気を配ってください。

痛くも痒くもない肝臓の機能低下を知る時には
すでに遅すぎたと言うケースが多いのですから。

posted by さるとび at 22:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | メタボリックシンドローム

2008年01月29日

お酒と肥満の関係

「メタボリックシンドローム」になってしまった人やその予備軍の方たちにお送りします。
中年男性に送る、さるとび流ダイエットの提案です!
ダイエットの本来の意味は「改善」です。

お酒は百薬の長と言われている割に、糖尿病やメタボリックシンドロームから見れば、主原因として一番に挙げられる悪役ですね。

お酒を飲むシチュエーションを考えてみればお判りかとおもいます。

お酒の席でよく注文されるものの中に、脂っこいものや塩分の多いものがあり、鳥の唐揚、焼き鳥、餃子、マヨネーズ系のサラダなど
お酒が食欲を増し、思っている以上に食べています。

しかも、お酒を飲んだ後に欲しくなるのが温かいラーメンや
牛丼などが挙げられます。

お酒自体は適量であれば、百薬の長としてお奨めできますが
いっしょに食べる食品に気を使わなければなりません。

出来るならば、冷奴、海藻サラダ、赤身の刺身、焼き魚など
低カロリー食でお腹を満たしましょう。

posted by さるとび at 22:49 | Comment(0) | TrackBack(1) | メタボリックシンドローム

2008年01月28日

満腹感を得られる食事で改善

「メタボリックシンドローム」になってしまった人やその予備軍の方たちにお送りします。
中年男性に送る、さるとび流ダイエットの提案です!
ダイエットの本来の意味は「改善」です。

誰でも食べる楽しさや喜びを奪われることに対し、ストレスを感じたり、反発さへも感じるでしょう。

なので、食べることは止めてはいけません。
しかし、どのような食事をするかで改善出来るか否かが決まります。

食べることは止めたくない、でもお腹一杯食べることは出来ない
なぁ〜んて考えているのでしたら、食事を工夫すれば良いのです。

ボリューム感ある食事にしたい場合、主菜や主食は増やさず
もう一品野菜で満腹感を得るようにします。

例えば、低カロリーの海藻を取り入れたサラダにノンオイルドレッシング、あるいは、コンニャクの煮物(減塩醤油使用)、きのことモヤシ、大根を蒸した温野菜サラダなど、なるべく油や塩分を使用しない
で調理できる副菜を多く取り入れることで、満腹にします。

その他には、カツやステーキなどの肉類を摂るときは
キャベツや人参などの野菜を、より多く取り入れるようにしたいですね。

肉料理1回、魚料理3回の割合といった、毎日のメニューを
考えるといいでしょう。

肉料理はヒレ肉ほどカロリーが少なく、バラ肉やサーロインといった
肉はカロリーがヒレ肉の倍以上、高いのです。

いかに低カロリーの食物を多く取り入れ満腹に出来るかで
食事に対するストレスは解消できます。
そして、何度も言いますが、租借回数を一口30回を目安にすること!


posted by さるとび at 23:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | メタボリックシンドローム

2008年01月27日

代謝を高めるには

「メタボリックシンドローム」になってしまった人やその予備軍の方たちにお送りします。
中年男性に送る、さるとび流ダイエットの提案です!
ダイエットの本来の意味は「改善」です。

代謝を高めるには適度な運動の継続が挙げられますが、その他にも
栄養分の摂り方によっても高めることが出来ます。

たとえば、代謝に必要な代謝酵素と代謝酵素の働きを助ける
補酵素の成分の摂取です。

タンパク質や亜鉛、マグネシウムといったものに代謝酵素となる
成分が含まれます。

代謝酵素を助ける補酵素は、ビタミンB12、リポ酸、ビオチン
このほか、皆さんもご存知のコエンザイムQ10も補酵素です。

これらの成分をバランスよく摂取することにより、脂肪や糖質を
効率よく燃焼することが出来ますので、普段の食事にも
注意を払いながら改善に取り組んでみてはいかがでしょうか。

posted by さるとび at 16:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | メタボリックシンドローム

2008年01月26日

栄養分の摂り方

「メタボリックシンドローム」になってしまった人やその予備軍の方たちにお送りします。
中年男性に送る、さるとび流ダイエットの提案です!
ダイエットの本来の意味は「改善」です。

巷には「炭水化物ダイエット」なるダイエット法があるようですが
これは誤解を招くものだと、私は危惧しています。

炭水化物の摂取量を減らせば痩せられる、というのはハッキリ言って
事実でもあります。(?)

事実なのですが、痩せるのと引き換えに身体の健康に害を招きます!

炭水化物といえば「糖質」です。
糖質はブドウ糖に変換され、エネルギーとして絶対必要なものです
炭水化物の摂取を減らすことにより、思考力の低下や筋肉量の減少
を引き起こします。

筋肉量が減るということは、基礎代謝量も減り、脂肪の燃焼効率の
低下を引き起こします。
これに合わせ、免疫力の低下や疲れやすくなったり
体重を減らすことのみに目標を設定した、炭水化物の摂取量を
減らすのは、危険極まりないことでもあるのです。

じゃぁ、栄養素の摂り方ってどういう基準で摂ればいいんだよ!
ということになりますよね?

でも、その前に前回も書きましたが、一回口に入れた食物に対して
租借30回を励行することや、間食をしない、お酒の量も減らすと
なお良いですね。

そのような食生活習慣の改善と合わせて、食事内容の改善を
行ってゆけば良いと思います。

栄養分の摂りかたは、3大栄養素と言われる「炭水化物」「糖質」
「タンパク質」の配分です。

この配分さへ間違わなければ、痩せる身体になり、太らない身体へと
なって行きます。

posted by さるとび at 15:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | メタボリックシンドローム

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。