2008年01月31日

お酒の量に注意

「メタボリックシンドローム」になってしまった人やその予備軍の方たちにお送りします。
中年男性に送る、さるとび流ダイエットの提案です!
ダイエットの本来の意味は「改善」です。

仕事帰りにお酒を飲むことがある方も多いのではないでしょうか?
お店に入ってすぐに出てくるのがお酒です。

その為おつまみなどが来る前に、乾杯と称してすきっ腹に
飲んでしまいますが、空腹時のお酒が肝臓の健康を
害することを知っておいて下さい。

肝臓を労わるのでしたら、何か食べてからにした方が
いいですよ。

お酒も飲みすぎては健康を害します。
適量と言われますが、飲み始めてしまうとどれくらい飲んだのか
解らなくなってしまうと思います。

本来なら、ビールで350ml1本、ワインでグラス1杯、日本酒1合
これが一日に飲んでよい適量だそうです。

飲む席でこれでは付き合いにもならない、と言いたいですよね。

だったら、1週間の内、お酒を飲む日は2日にするとか
肝臓を休養させることに気を配ってください。

痛くも痒くもない肝臓の機能低下を知る時には
すでに遅すぎたと言うケースが多いのですから。

posted by さるとび at 22:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | メタボリックシンドローム

2008年01月29日

お酒と肥満の関係

「メタボリックシンドローム」になってしまった人やその予備軍の方たちにお送りします。
中年男性に送る、さるとび流ダイエットの提案です!
ダイエットの本来の意味は「改善」です。

お酒は百薬の長と言われている割に、糖尿病やメタボリックシンドロームから見れば、主原因として一番に挙げられる悪役ですね。

お酒を飲むシチュエーションを考えてみればお判りかとおもいます。

お酒の席でよく注文されるものの中に、脂っこいものや塩分の多いものがあり、鳥の唐揚、焼き鳥、餃子、マヨネーズ系のサラダなど
お酒が食欲を増し、思っている以上に食べています。

しかも、お酒を飲んだ後に欲しくなるのが温かいラーメンや
牛丼などが挙げられます。

お酒自体は適量であれば、百薬の長としてお奨めできますが
いっしょに食べる食品に気を使わなければなりません。

出来るならば、冷奴、海藻サラダ、赤身の刺身、焼き魚など
低カロリー食でお腹を満たしましょう。

posted by さるとび at 22:49 | Comment(0) | TrackBack(1) | メタボリックシンドローム

2008年01月28日

満腹感を得られる食事で改善

「メタボリックシンドローム」になってしまった人やその予備軍の方たちにお送りします。
中年男性に送る、さるとび流ダイエットの提案です!
ダイエットの本来の意味は「改善」です。

誰でも食べる楽しさや喜びを奪われることに対し、ストレスを感じたり、反発さへも感じるでしょう。

なので、食べることは止めてはいけません。
しかし、どのような食事をするかで改善出来るか否かが決まります。

食べることは止めたくない、でもお腹一杯食べることは出来ない
なぁ〜んて考えているのでしたら、食事を工夫すれば良いのです。

ボリューム感ある食事にしたい場合、主菜や主食は増やさず
もう一品野菜で満腹感を得るようにします。

例えば、低カロリーの海藻を取り入れたサラダにノンオイルドレッシング、あるいは、コンニャクの煮物(減塩醤油使用)、きのことモヤシ、大根を蒸した温野菜サラダなど、なるべく油や塩分を使用しない
で調理できる副菜を多く取り入れることで、満腹にします。

その他には、カツやステーキなどの肉類を摂るときは
キャベツや人参などの野菜を、より多く取り入れるようにしたいですね。

肉料理1回、魚料理3回の割合といった、毎日のメニューを
考えるといいでしょう。

肉料理はヒレ肉ほどカロリーが少なく、バラ肉やサーロインといった
肉はカロリーがヒレ肉の倍以上、高いのです。

いかに低カロリーの食物を多く取り入れ満腹に出来るかで
食事に対するストレスは解消できます。
そして、何度も言いますが、租借回数を一口30回を目安にすること!


posted by さるとび at 23:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | メタボリックシンドローム

2008年01月27日

代謝を高めるには

「メタボリックシンドローム」になってしまった人やその予備軍の方たちにお送りします。
中年男性に送る、さるとび流ダイエットの提案です!
ダイエットの本来の意味は「改善」です。

代謝を高めるには適度な運動の継続が挙げられますが、その他にも
栄養分の摂り方によっても高めることが出来ます。

たとえば、代謝に必要な代謝酵素と代謝酵素の働きを助ける
補酵素の成分の摂取です。

タンパク質や亜鉛、マグネシウムといったものに代謝酵素となる
成分が含まれます。

代謝酵素を助ける補酵素は、ビタミンB12、リポ酸、ビオチン
このほか、皆さんもご存知のコエンザイムQ10も補酵素です。

これらの成分をバランスよく摂取することにより、脂肪や糖質を
効率よく燃焼することが出来ますので、普段の食事にも
注意を払いながら改善に取り組んでみてはいかがでしょうか。

posted by さるとび at 16:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | メタボリックシンドローム

2008年01月26日

栄養分の摂り方

「メタボリックシンドローム」になってしまった人やその予備軍の方たちにお送りします。
中年男性に送る、さるとび流ダイエットの提案です!
ダイエットの本来の意味は「改善」です。

巷には「炭水化物ダイエット」なるダイエット法があるようですが
これは誤解を招くものだと、私は危惧しています。

炭水化物の摂取量を減らせば痩せられる、というのはハッキリ言って
事実でもあります。(?)

事実なのですが、痩せるのと引き換えに身体の健康に害を招きます!

炭水化物といえば「糖質」です。
糖質はブドウ糖に変換され、エネルギーとして絶対必要なものです
炭水化物の摂取を減らすことにより、思考力の低下や筋肉量の減少
を引き起こします。

筋肉量が減るということは、基礎代謝量も減り、脂肪の燃焼効率の
低下を引き起こします。
これに合わせ、免疫力の低下や疲れやすくなったり
体重を減らすことのみに目標を設定した、炭水化物の摂取量を
減らすのは、危険極まりないことでもあるのです。

じゃぁ、栄養素の摂り方ってどういう基準で摂ればいいんだよ!
ということになりますよね?

でも、その前に前回も書きましたが、一回口に入れた食物に対して
租借30回を励行することや、間食をしない、お酒の量も減らすと
なお良いですね。

そのような食生活習慣の改善と合わせて、食事内容の改善を
行ってゆけば良いと思います。

栄養分の摂りかたは、3大栄養素と言われる「炭水化物」「糖質」
「タンパク質」の配分です。

この配分さへ間違わなければ、痩せる身体になり、太らない身体へと
なって行きます。

posted by さるとび at 15:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | メタボリックシンドローム

2008年01月25日

間食は厳禁

「メタボリックシンドローム」になってしまった人やその予備軍の方たちにお送りします。
中年男性に送る、さるとび流ダイエットの提案です!
ダイエットの本来の意味は「改善」です。

家にお菓子やスナックを置いてあるのでは、メタボリックシンドロームを改善して行くうえで、邪魔となってしまいます。

食べ始めると案外止まらないもので、気付いたら食事1食分のカロリーを摂取していたなんてこと、あると思いますよ!

フルーツ系も同じで、ミカンは3個で1食分の糖分を摂取したことになります。

夜就寝前になると、どうしても小腹がすくのは仕方がないことで
食べるべきではないとは言いません。
何故ならば、翌朝までの食事の時間まであまり間を空けないほうが
本来ならば良いのです。

だからといって甘いお菓子や塩分の多いスナック菓子で
空腹を紛らわすのは、してはいけないことです!

一日3食を励行するようにしましょう。

posted by さるとび at 23:03 | Comment(0) | TrackBack(1) | メタボリックシンドローム

2008年01月24日

食事にかける時間

「メタボリックシンドローム」になってしまった人やその予備軍の方たちにお送りします。
中年男性に送る、さるとび流ダイエットの提案です!
ダイエットの本来の意味は「改善」です。

j0433842[1].png
 皆さんは食事にかける時間はどれくらいでしょうか?
食物を口に入れるたびに、30回は租借をした方が良いといわれています。

これは、テレビでも紹介されていたことですが、私の息子が幼稚園に通っていた時も、租借は30回という幼稚園からの始動があり
私の子供はそれを守っていました。

これが大人となると、一筋縄ではいかないんですよね!

めんどくさがって30回なんて噛んでられっかと、せわしなく口に
放おり込むのがせいぜいでしょう。

けれど、これがどんなに大切なことかを知れば、そんなことを言ってられません。

なんの為に多くの租借を進めるのかというと、租借回数が多ければ多いほど、満腹中枢が刺激され、普段摂っている量よりも少ない量で
満腹感を得られるようになり、過食を抑えることが出来るのです。

最近のテレビに出まくっている、大食いの女性タレントさんがいますが、彼女を見てると解ると思いますが、食べるのが早いんです。
しかも、租借回数が極端に少ないのが解ると思います。

大食いの人ほど、租借回数が少ないことを理解できると思います。

租借回数が多いと、唾液が多く出るのはご存知だと思います。
その唾液は、消化の助けになり、口内で既に消化させているのです。

今日から租借回数を一口30回として、過食を防ぎ、消化を助けましょう!

posted by さるとび at 21:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | メタボリックシンドローム

2008年01月23日

朝食の重要性

「メタボリックシンドローム」になってしまった人やその予備軍の方たちにお送りします。
中年男性に送る、さるとび流ダイエットの提案です!
ダイエットの本来の意味は「改善」です。

pizza.jpg

 朝はどうしても食欲が湧かず、食べないで出勤される方も
多いのではないでしょうか?
これこそが健康を度外視した行為であることを自覚してください。

夕食から翌日の昼食までの間隔が空き過ぎてしまうと、身体はどのような状態に陥ってしまうのかというと、朝食を抜いただけだと
あなたは考えるでしょうが、身体はそんな簡単ではありません。

身体は飢餓状態と勘違いをしまうのです。
勘違いをしてしまったことにより、昼食で摂ったエネルギーを
脂肪として溜め込もうとします。

どういうことかと言うと、再び飢餓状態になった時のために
身体が勝手にエネルギーを脂肪として溜め込むのです。
つまり、水不足が叫ばれると、消費者は水の買い溜めをするように
身体は摂取エネルギーを、次の飢餓に対応できるように
すぐにエネルギーに変換できる脂肪分として、身体に溜め込むのです。

食べる習慣を付ければ、朝食を摂るのに何の苦も感じなくなります。
最低限、食事は3食キチンと食べましょう。


posted by さるとび at 22:31 | Comment(0) | TrackBack(1) | メタボリックシンドローム

2008年01月22日

代謝アップ栄養素

「メタボリックシンドローム」になってしまった人やその予備軍の方たちにお送りします。
中年男性に送る、さるとび流ダイエットの提案です!
ダイエットの本来の意味は「改善」です。

pan.jpg
食事では代謝を高める栄養分の摂取を心がけるようにしましょう。効率的に脂肪を燃焼させるには、代謝を高める食事を摂るのが一番です。代謝をアップさせる栄養分として摂りたいのが、「タンパク質」ミネラルでは「マグネシウム」「亜鉛」などです。これらは代謝酵素の材料で、脂肪や糖質を分解します。

脂肪や糖質が代謝酵素によって分解されますが、その酵素を助けるのが、補酵素です。
これなくしては代謝酵素は働かないといっても良いでしょう。
ビタミンB1・B2、が代表的な栄養素です。


そのほかには、高酸化成分のなかでもビタミンE、L−カルニチン
CoQ10,α−リポ酸が活性酸素から身体を守ってくれます。

栄養素をサプリメントで補おうと考える方もいるでしょうが、
やはり栄養素は食事から摂ることをお奨めします。

posted by さるとび at 21:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | メタボリックシンドローム

2008年01月21日

食生活の改善で健康に

「メタボリックシンドローム」になってしまった人やその予備軍の方たちにお送りします。
中年男性に送る、さるとび流ダイエットの提案です!
ダイエットの本来の意味は「改善」です。

syokuji.jpg
食生活の改善をどの様にしてゆけば良いのか、その実践法を考えて見ましょう。

お腹についてしまった脂肪を落とすことが第一の目標となってしまいそうですが、その一点だけに的を絞るやり方ではなく
身体全体を健康へと改善して行くことを、第一の目標にしてゆくべきです。

そこで、簡単に出来ることから実践して行くのが、長く継続して行ける第一歩となります。

・お腹一杯になるまで食べない
・腹八分目を意識して、一口づつでも良いですから、腹八分目まで
 減らして行く
・何が何でも食べる量を減らすのではなく、栄養バランスの良い
 食事を心がける

まずは簡単なところを挙げてみましたが
現在のあなたの身体は、代謝障害を起こしていますので
食べた食事(摂取エネルギー)を全て、消費エネルギーとして
使えない状態です。

あなたの身体が一日に必要とするエネルギー量を知ることも大切です。
そのエネルギー量より少ない食事(摂取エネルギー)といったバランスが、体内に蓄積された脂肪を減らして行きます。

食事だけの改善をしてゆくのではなく、軽い運動を取り入れることで
改善はスピードアップして行きます。

次回も食生活の改善に役立つポイントについて書きます。

posted by さるとび at 23:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | メタボリックシンドローム

2008年01月20日

生活習慣の改善体験記

「メタボリックシンドローム」になってしまった人やその予備軍の方たちにお送りします。
中年男性に送る、さるとび流ダイエットの提案です!
ダイエットの本来の意味は「改善」です。

生活習慣の改善に努力された方の体験記を紹介したいと思います。
本人が現状を打破する為に努力をして、何とか改善を実行し
成功した体験記なのですが、目標を達成できたからといって
そこで終わりではないことをご理解下さい。

改善は、一生続けて行くことが大切です。
健康で長生きがしたいと思いませんか?
その為のダイエット(改善)なんです!

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::
Kさんは会社員となり、仕事を覚えなければならないという
ことで、定時に換えることはなく、残業が続く毎日を送っていました。

仕事を覚えてくると、会社側でも頼りにするようになるため
仕事量も増え、週の半分は9〜10時頃の帰宅になることも有り
会社で軽い食事で空腹を埋め、帰宅後にも食事を採るようなことが
多くなっていったそうです。

その為、会社へ入った時よりも10kgほど体重が増えたところで
健康的にこれではいけないと自覚し
自分なりに健康な体調を取り戻す為の努力を始めたのだそうです。

その方法は、毎日食べていなかった朝食を、必ず食べるようにした。
肉中心の食事を、魚介類中心に変更
おかずに野菜を必ず取り入れた
肉類を食べるときは、脂肪分の少ない鶏肉などに変更
多めに食べたいときには、海藻や野菜サラダを多く食べるようにした
ジュース(砂糖入り)はやめて、ミネラルウォーターやお茶に変更
毎日の晩酌を週のうち半分に減らした

食事の改善に合わせ運動も取り入れ、筋力のアップや有酸素運動を
取り入れるようにした。

これによりKさんは、2ヶ月で−10kgを達成。
ウエスト径、−9cmに。

Kさんはこれらの改善を実践したことで、以前よりもグッスリ
眠れるようになり、目覚めもスッキリした感じで起きられる
ようになったそうです。

こういったことを実践されていると、途中で体調が変化してきたことが感じられるようになります。
一番良いのは、毎日体重計に乗ることです。

体重が減って来たことが目で確かめられると、途中であきらめたり
アキてしまうようなことはないと思いますよ。

posted by さるとび at 23:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | メタボリックシンドローム

2008年01月19日

自分自身で行う改善体験記

「メタボリックシンドローム」になってしまった人やその予備軍の方たちにお送りします。
中年男性に送る、さるとび流ダイエットの提案です!
ダイエットの本来の意味は「改善」です。

メタボリックシンドロームになってしまった方や、その予備軍の
方たちの中で、努力して痩せて健康的な体質へと改善できた
方たちの成功例を紹介します。

先に言っておきますが、成功者だけが出来るような特別ことをしたわけではなく、あなたにも出来る案外簡単な方法で成功したということを理解きるはずです。

ケース1:
事務職ということで座った仕事柄、運動不足になりがちだったBさん
帰りも残業の為深夜になることもしばしば、就寝前に晩酌に軽い
おつまみといった生活が長く続いたこともあり
30代中ごろから体重が増加、40歳を越えた頃には体重90kgに。

Bさんは一念発起して、痩せる努力を始めるようになりました。
そのメニューとは
仕事帰りの通勤電車では、降りる駅まで歩いて30分の距離に当たる
手前の駅で降り、ウォーキングをすることを週5日実践。
帰宅後は足の疲れを取るためのストレッチ
毎日の晩酌を止め、週2〜3日に減らし、つまみは野菜や海藻に。

出勤先の会社での昼食では、脂っこいものや塩分の多いものは避け、
栄養バランスの良いものを食べるようにした。

Bさんはこのメニューを始める前にやったことがあります。
それは、目標を定めることです。

現在の体重を何ヶ月で何キロにするかということです。
ただ漠然とメニューをこなしていては、ヤル気が失せてきたりします。

やはり、行動を起こす前に自分なりに無理のない目標を定めることが
とても重要になると思います。
少しづつでも結果が出てくると、もっとヤル気になります!

まずは無理のない目標を立てましょう。

posted by さるとび at 14:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | メタボリックシンドローム

2008年01月17日

内臓脂肪を減らす

「メタボリックシンドローム」になってしまった人やその予備軍の方たちにお送りします。
中年男性に送る、さるとび流ダイエットの提案です!
ダイエットの本来の意味は「改善」です。

内臓脂肪を減らしてメタボリックシンドロームを改善するには
ということで、その方法を挙げてみます。

まずは食事の内容に気を使いましょう。
多少なりともご飯(白米)を減らして、野菜や魚類、肉などをこまめに食べるようにします。

味付けも薄味にすると、塩分のとりすぎを抑えられます。

3大栄養素をうまく取り入れ、偏りを無くすよう心がけるのが
大事ですね。
揚げ物も減らすように心がけ、脂質の取りすぎにも気を配ります。

代謝機能が低下,あるいは代謝障害を起こしていますので
運動も取り入れるようにします。
栄養バランスのとれた食事も、代謝機能の改善になりますので
運動、特に筋力をアップさせることで、基礎代謝量を増やします。

筋肉が多ければ多いほど、活動するのにエネルギーを必要としますので、一日一回で良いですから、就寝前に出来る範囲内での運動を
することが大切です。

私自身、就寝前の運動を習慣づけた為か、83cmあったウエスト径が
今では78cmにまで減らすことが出来ました。

軽い運動でかまいませんので、習慣付けることが現状を改善して行く
1歩となります。
そして、仕事などでのストレスを引きづらないことです。

ストレスは身体のリズムを狂わせます。
内臓脂肪が万病の元ともいわれるのと同じで、ストレスも
万病の元と言っていいでしょう。

ストレスを溜めない自分なりの解消法を持つことで
体調を崩す原因を排除できます。

ストレス発散法と言って、タバコやお酒は避けましょう。
これらは活性酸素のもととなり、細胞や血管壁を傷付ける原因となり
そこにストレスが加われば、動脈硬化をのリスクを高めます。

まずは行動、そして継続的に実践してゆくことです。

posted by さるとび at 23:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | メタボリックシンドローム

2008年01月15日

万病の元、内臓脂肪

「メタボリックシンドローム」になってしまった人やその予備軍の方たちにお送りします。
中年男性に送る、さるとび流ダイエットの提案です!
ダイエットの本来の意味は「改善」です。

肥満といえば、ぽっこりお腹や糖尿病といったイメージが強く
こういった症状の方は、代謝障害がすでに引き起こされています。

私もつい最近までベルトの穴を一つづつ緩めていき、座り仕事で窮屈な思いをしないよう、ベルトはユルユルにいしていたものです。
今では、普段の腹筋運動などでズボンも余裕ではけるようになりましたが、相当焦りがありました。

内臓脂肪が付くことで代謝障害を引き起こすので
脂肪はどんどん蓄積されていきます。

代謝機能が低くなるということは、口から入った食物の
栄養素を、充分に各臓器に送り込むことができないということです。

つまり、体内の各器官の機能の低下を食い止めることも出来なければ
元に戻すことも出来ないということになります。

各器官の機能の低下により、不要な栄養分や脂肪分を
体外へ排出できないし、代謝により燃焼も出来ないため
血管内にも脂肪が溜まり、動脈硬化や脳梗塞、心筋梗塞を
引き起こします。

内臓脂肪が付くということは、あらゆる病気になるリスクを負う
ことになります。

普段の生活習慣の見直しから、健康体へと改善して行く努力を
してゆきましょう。

posted by さるとび at 21:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | メタボリックシンドローム

2008年01月14日

メタボ人口

「メタボリックシンドローム」になってしまった人やその予備軍の方たちにお送りします。
中年男性に送る、さるとび流ダイエットの提案です!
ダイエットの本来の意味は「改善」です。

厚生労働省の発表した2年前のメタボリックシンドロームになってしまった方たちの人数、40歳〜74歳の男女での統計では
じつに940万人。

そして、その予備軍は1020万人という結果でした。

メタボリックシンドロームは「内臓脂肪型肥満」で
腹部に蓄積された脂肪が原因で、高血圧、高脂血症、高血糖の内
2つが発症している状態をいいます。

これらの病気が進行すると、動脈硬化、心筋梗塞、脳卒中などを
高い確率で引き起こすリスクが高くなります。

では、この状態をどのように改善(ダイエット)するべきか
ご自身の努力で改善して行かなければなりません。
医者や薬に頼るのではなく、あなた自身の普段の生活を見直してゆかなければならないのです。

薬を飲んでいるから大丈夫だなんて、そんな甘い考えは
通用しません。

あなたの身体をあなた自身がケアしてゆかなければ
今の状態から抜け出せる可能性は・・です。

メタボリックシンドロームは、生活習慣病だと理解してください。
普段食べている食事に気を使うこともせず
食べたいものだけを食べるような食事法なのではないですか?

運動もしない、自分なりのストレス解消法も持ち合わせていない
こんな状態から抜け出しましょう!

次回から現状から改善へのケア法の紹介をしてゆきます。
メタボリックシンドロームは、見た目はなんとなく解りますが
自覚症状(痛みや苦しみなど)が無いため、気づかぬうちに
どんどん症状が進行していきます。

食い止めるのは、あなた自身です。

posted by さるとび at 00:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | メタボリックシンドローム

2008年01月09日

血液を綺麗にする食べ物

メタボリックシンドローム」になってしまった人やその予備軍の方たちにお送りします。
中年男性に送る、さるとび流ダイエットの提案です!
ダイエットの本来の意味は「改善」です。

血液を綺麗にする食物は色々ありますが
今回は「海藻」です。

海藻の持つ食物繊維には、血液の凝固を抑えるさようがあり
血液をサラサラな状態にする働きがあります。

注目すべきところは、海藻の持つヌルヌル感です。
これは水溶性食物繊維のアルギン酸によるもので
コレステロールを低下させたり、糖の吸収を妨げる効果があります。

代表選手として、「昆布」を挙げてみますと
昆布にはビタミンB1、B2、カロテン、カリウム、カルシウム、鉄
食物繊維などを豊富に含んみます。

このほかヨウ素を多く含み、新陳代謝の活発、皮膚や髪の健康に
役立ちます。

お味噌汁やサラダでいただくと、いいかもです^^。
ただし、サラダの場合はドレッシングをノンオイルにすると
いいですよ。

posted by さるとび at 17:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 血液をきれいにする

2008年01月08日

水を飲むことの大切さ

「メタボリックシンドローム」になってしまった人やその予備軍の方たちにお送りします。
中年男性に送る、さるとび流ダイエットの提案です!
ダイエットの本来の意味は「改善」です。

今回も血液について述べます。
血液を綺麗にすることが、ダイエットや健康の基本といっても
過言ではないくらい大切なことなんです。

そのためには、水分を充分摂ることと、栄養バランスの良い食事や
適度な運動が必要となります。

水分といっても、やはりミネラルウォーターがいいでしょう。
ただ水分を摂るのではなく、摂るべき場面で摂るということです。

では、朝から水分を補充すべき場面を述べてゆきましょう。

・起床後着替えてからで良いので、10分以内にコップ1杯飲む
・朝・昼・夕の食事の時はハーブティーでも良い
・日中は喉の渇きを覚えたときに、飲むようにする
・入浴の前後にコップ1杯飲む
・就寝前にコップ1杯飲む

就寝前の水分補充は、夜中にトイレに起きることになることもあり
冬場は布団やベッドの脇に、ジャンパーなどを置いておき
急激な血圧の上昇を抑えるようにすると良いでしょうね。

スリッパを履いてゆくようにすれば、よりいっそうベター!

次回は、血液を綺麗にする食事について述べます。

posted by さるとび at 16:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 血液をきれいにする

2008年01月07日

もらい物

「メタボリックシンドローム」になってしまった人やその予備軍の方たちにお送りします。
中年男性に送る、さるとび流ダイエットの提案です!
ダイエットの本来の意味は「改善」です。

昨年暮れから我が家にはもらい物が多く、どうしようかと悩んでいます。

まずは、アイスクリーム。
チョコレートとバニラが大きなタッパで1つづつ。

私は冬にアイスクリームなど食べない主義なので
妻が目をひん剥いて「じゃ、私が食べるの?!」と、一喝されました。

その他にも、リーフパイやらケーキ類やらミカンもまだ余ってます。
毎日食べつづけると、お腹に負担が・・・いや、お腹が膨れます!

頂き物は大変ありがたいのですが、それよりも、その心配りに感謝します。
毎日の運動量を増やすほかありません・・・。


posted by さるとび at 17:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康ダイエット

2008年01月06日

普段摂る水分

「メタボリックシンドローム」になってしまった人やその予備軍の方たちにお送りします。
中年男性に送る、さるとび流ダイエットの提案です!
ダイエットの本来の意味は「改善」です。

私は以前、自分の食生活の内水分についてふと考えたことがあります。

その時に気付いたのは、普通の水自体を飲むことが無いってこと。

つまり、ジュースやコーヒーといった類のものは口にしますが
何の変哲も無い水を口にすることが無かったのです。

今では会社では必ずミネラルウォーターを飲み
家では温泉水を飲むようになりました。

キレイな水を飲むことで、血液もキレイにと考えたのです。
食事を摂った時にも水は活躍します。

代謝時に血中に栄養分を送る際、水が代謝を助けます。
血中の溶けやすくするのです。

人の身体の60%以上は水分といわれています。
それならばキレイな水で身体を形成したいと、私は思いました。

皆さんはいかがですか?
アルコールや、甘い糖分がみっちり入ったジュースで
身体が形成されるなんて考えたら
ぞっとしますよね。

まぁ、それは無いでしょうけど、少しでも身体を思うのならば
ダイエットにもキレイな水は役立ちます。

入浴前、就寝前、起床時にコップ1杯の水が
身体を健康な状態へと導きます。
ちょっとしたことですが、水について再考してみては
いかがでしょう。

posted by さるとび at 18:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 血液をきれいにする

2008年01月04日

タバコの害

「メタボリックシンドローム」になってしまった人やその予備軍の方たちにお送りします。
中年男性に送る、さるとび流ダイエットの提案です!
ダイエットの本来の意味は「改善」です。

喫煙者が減りつつある近年ですが、それでもタバコはやめられない
という人も多いでしょうね。

タバコは身体に悪いことは100も承知していても、どうしても止められない気持ちは私には痛いほど解ります!
私も以前は毎日20本吸っていた愛煙家でしたから。

タバコとダイエットの関係と言われても、すぐには答えが出ないでしょう。
けれど、身体の健康に関することはダイエットに通じますので
ここで取上げさせていただきました。

タバコを吸うと肺ガンになる、というイメージは誰でも持っているかもしれませんが、善玉コレステロールを減らすということをご存知ですか?

コレステロールには、悪玉と善玉といった種類があるのをご存知だと思います。
悪玉コレステロールにもちゃんと役目があります。
けれど、善玉コレステロールを減らすことは薦められません。

心筋梗塞や動脈硬化に通じる危険因子は、なるべく排除すべきです。
1本のタバコが7分の寿命を縮めると言われています。

あなたは自分で自分の寿命を、毎日何分縮めていますか?

posted by さるとび at 21:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康ダイエット

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。