2007年05月31日

お腹周りの贅肉を取ります。

「メタボリックシンドローム」になってしまった人やその予備軍の方たちに
お送りします。
中年男性に送る、さるとび流ダイエットの提案です!
ダイエットの本来の意味は「改善」です。

ダイエット食と一緒に実践すると、効果がグゥ〜ンとアップするのが
ストレッチや筋肉運動です。

特に、食後の消化が始まる時間帯が良いようです。

中年となると、お腹周りがどうしてもポテッと出てきます。
これは自然の摂理と言うしか、言い訳にとして受け止められないでしょう(泣)。

普段と変わらぬ食事、以前より摂取量を減らした糖分、けれど
お腹は出てきます。

これは筋力の衰えとしか考えられません!
そこで私は、今日からお腹周りのストレッチを実践して行こうと
決めました。

方法はいたって簡単です。
簡単な方法ですが、これを実践するかどうかは、私の意志の強さに
関わってきますので、ここで宣言させていただきます!

とりあえず3ヶ月間実践して、その効果の程をここで紹介させていただきます。

最初は筋肉痛との戦いになりそう・・・・。

実践するストレッチ法を紹介しておきますね。

床に軽く足をまげて座ります。
両手を頭の後ろで組み、背筋を伸ばした状態で、耐えられる角度まで
後ろに反らします。
この時、両足は床から離さないこと。
この上体反らし運動を、きつくならない程度の回数を行います。

次も同じ状態で、後ろに状態を反らし、上体を起こす時に
捻りながら起こします。
これは、お腹の側面に付いた贅肉を取るのに効果があります。

簡単そうでしょう?

皆さんもやってみてはいかがですか?


====5月31日現在のウエスト径:84cm====

posted by さるとび at 22:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康ダイエット

2007年05月30日

ダイエットとは

「メタボリックシンドローム」になってしまった人やその予備軍の方たちに
お送りします。
中年男性に送る、さるとび流ダイエットの提案です!
ダイエットの本来の意味は「改善」です。

ダイエットとは、健康や長寿、美容などを目的として、食事の量・カロリー・食材の種類・栄養のバランスなどをコントロールすることでなんです。

ただ、特に女性の間では現在、痩身のために行うあらゆること(運動、生活習慣の改善など)を意味して用いられてしまっていることも多い。

もともと「ダイエット」に、痩せるとか太るなどといった、目的に使う言葉ではなく、目的に向けた手段として用いられる言葉なんです。

日本人の「ダイエット」の意義の捉え方の違いは、ダイエット食品関連の企業や業者によって広められたとしか思えません。


そういえば、「バレンタインデイ」も、お菓子で有名な大企業が
”女性が男性に告白する日”として売上を伸ばす為に勝手に作った
記念日なんですから、「ダイエット」も、案外企業のたくらみかもしれませんね。(笑)

posted by さるとび at 20:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康ダイエット

2007年05月29日

ファミレスのメニュー

「メタボリックシンドローム」になってしまった人やその予備軍の方たちに
お送りします。
中年男性に送る、さるとび流ダイエットの提案です!
ダイエットの本来の意味は「改善」です

皆さんも1度はファミリーレストランへ行ったことがありますよね。
そこで、メニューに表示されているカロリーについて、ちょいと
調べてみました。

どんなメニューが高カロリーなのかってことで(笑)

まずは、以外に高カロリーだったのが「和風照焼きハンバーグステーキ」1170kcal
和風と聞くと、ヘルシーという観念が働いて
「じゃぁ、これ!」って感じで注文しちゃいますけど
カロリー表示を見てビックリ!
で、「やっぱこっち・・・。(汗)」になったりしました。

あとは「パエリア」系が800kcalを超えてました。
私はレストランでは、700kcal以内に収まるようにしますが
皆さんは、レストランへ来てまでカロリーなんて気にしられっかぁ!
のタイプでしょうか?

「カレー」「ピザ」「ピラフ」など600kcalクラスです。
ただ、ハンバーグやステーキでも700kcal以内のものも有りますが

ライス(250kcal相当)、パン(270kcal)のどちらかを選ぶはずですので、合わせて何カロリー?ってことで、計算してくださいね。

ちなみに、ご飯と味噌汁に香の物(漬物)で390kcalほどです。

皆さんが一番食べたいと思っているのは、ステーキでしょうか?
「サーロインステーキ」に付けあわせとして、ジャガイモと野菜が
付いて、約590kcal。
「和風ハンバーグ」が610kcal、「ビーフシチュー」が588kcal
デザートなんか付けたら、チョイやばってことで、帰りは歩いて帰りましょう!

必ずサラダを一緒に注文することをお薦めします。
どうしてもレストランでは、食べすぎちゃいますもんね(笑)。

posted by さるとび at 22:38 | Comment(2) | TrackBack(0) | 健康ダイエット

2007年05月28日

何日で●kg痩せる!

「メタボリックシンドローム」になってしまった人やその予備軍の方たちに
お送りします。
中年男性に送る、さるとび流ダイエットの提案です!
ダイエットの本来の意味は「改善」です。

タイトルを見て、どんなダイエット法だろうって、そう思ってこのブログに訪れた方には申し訳ございませんが

私にしてみれば、「なんて無謀な!」っていう方法にしか思えません!

例えば”1週間で・・kg”とか、”10日で・・kg”なんて
人間の身体の機能を度外視した方法としか思えないんです!

この期間を前面に出したダイエット法は、とても目を奪われる
タイトルですが、それが目的なんです。

インパクトのあるタイトルを付けることで、売上を伸ばそうとする
販売業者の手なんです。

どうか皆さん、「●●日で●●kg減量」的なとっても魅力溢れる
タイトルに踊らされること無く、毎日の生活の中でも出来る
食事法でダイエットを実践してください。

余計なお金を使わず、そのお金を栄養バランスの良い食事のために
使ってください。

多種多様の商品は、人の気持ちを分散させ、あっちでダメなら
こっち、という具合でドンドン手を出させるのに良い方法なんです。

昨日、愚妻にそう言ってどやしつけました!
案外、正論だと思いませんか?(笑)

posted by さるとび at 21:34 | Comment(1) | TrackBack(0) | 健康ダイエット

2007年05月27日

「高指血症」

「メタボリックシンドローム」になってしまった人やその予備軍の方たちに
お送りします。
中年男性に送る、さるとび流ダイエットの提案です!
ダイエットの本来の意味は「改善」です。

脂肪分の摂り過ぎにより起こる症状に、「高指血症」があります。

これは、血液中に含まれる、コレステロールとリン脂質と中性脂肪の
バランスが崩れ、3つのどれかの数値が高くなって、正常値を超えてしまった状態を、「高指血症」といわれます。

過食や、動物性脂肪の過剰な摂取、運動不足などの要因により、肥満でコレステロールは増加します。

症状の緩和、改善には繊維の多い食事や、運動により中性脂肪を減らすなどの療法を取らなければなりません。

食事の摂り方一つで、あなたの健康を左右してしまいます。
食べたいものばかり食べていては、このような症状を発生させることになるかもしれません。

普段の食事の見直しが、あなたの健康を左右します。
後回しにするのではなく、今日、今から見直しをしましょう!

posted by さるとび at 20:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康ダイエット

2007年05月26日

食事の重要性

「メタボリックシンドローム」になってしまった人やその予備軍の方たちに
お送りします。
中年男性に送る、さるとび流ダイエットの提案です!
ダイエットの本来の意味は「改善」です。

食事はなんの為に摂るのでしょうか?

ダイエットをしている人の中には、食事を制限して体重を減らそうと
考えている人もいるようです。

ダイエッターにとっての食事は、体重を減らす為の制限された食事を
自ら強制的に摂っています。

体重を減らす為????

食事は体重を減らす為のものではないのですよ!
それくらい解ってますよね?

なのに何故ダイエッターは、体重を減らそうと食事を制限するのでしょうか?

それは強迫観念が働くからでしょうね。

食べたら太る、こんな強迫観念が頭の中を駆け巡るのでしょうね。

ここでオサライをしましょう!(リピートアフターミィーなんてね。)
食事とは・・、生命維持に欠かせない行為である・・。

食事とは・・、健康を維持する為に欠かせない行為である・・。

当たり前のことです。
この当たり前のことを、制限するということは?
そう。
身体に自ら、負担を与える&健康を害する。
寿命を縮める。
良いことは一つもありません!

もう一度言わせて下さい!

良いことは一つもありません!

朝食、昼食、夕食は、あなたの命を維持させる為に、不可欠な行為です!

過食になるような食事は、いうまでもなく命を危険にさらす行為ですので、ダイエットを考えるのであれば、栄養バランスを考えた
食事を摂取することのみ、考えて行きましょう。

過食は、栄養分の摂りすぎにより、体内で吸収されずに脂肪として蓄積され、肥満へと加速します。

食事を制限したダイエットによって起こる将来的な現象は、「リバウンド」です。

なぜ「リバウンド」が起こるのか、もうわかりますね?

制限された食事により、栄養不足になってしまった体が、栄養分を摂取しようと脳が命令をするのです。

もっと栄養を、もっと、もっと・・・・・。
不足した栄養分は、食事によって摂取するしかないのです。
だから、極端に過食になってしまい、「リバウンド」が起こるのです。

これは自然な成り行きとしか言えませんね!

中年男性は、節度ある思考を持って、ダイエット(改善)に取り組みましょう!



posted by さるとび at 20:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康ダイエット

2007年05月25日

インスリンの分泌

「メタボリックシンドローム」になってしまった人やその予備軍の方たちに
お送りします。
中年男性に送る、さるとび流ダイエットの提案です!
ダイエットの本来の意味は「改善」です。

ダイエットや糖尿病に深く関わる「インスリン」
昔は”インシュリン”と言われていました。(雑学)

「インスリン」は膵臓から分泌されるペプチドホルモンの一種で
炭水化物の代謝を調整したり、骨格筋にブドウ糖、アミノ酸、カリウムの取り込みを促進させ、タンパク質合成の促進に働きかけます。

「インスリン」は血糖値を正常な状態で維持させる為に不可欠なものでもあります。

毎日の生活の中で、何気ないことから「インスリン」を多量に分泌させてしまうことを、皆さんはご存知でしょうか?
私はそれを知っていながら、なかなかそれを止める事が出来なくて
悩んでいる始末です。

以前もここで書き込みした、「カフェイン」の摂取が「インスリン」を多量に分泌させてしまうのです。

「インスリン」の多量分泌により、血糖値に悪影響を与えてしまい
ホルモンバランスにまで影響を与えます。

正常値を保っていた血糖値の状態を崩してしまう「カフェイン」
巷には”カフェインダイエット”と銘打って、推奨しているサイト運営者や企業があるようですが・・・。

血糖値を低下させるために「インスリン」の注射を受けると言ったら
糖尿病と、すぐに思い当たるでしょうね。

高い血糖値を下げるために「インスリン」が効果を発揮しますが
糖尿病でない人の体内で、「インスリン」が多量に分泌されると言うことは、血糖値が無理やり下げられ、これにより食欲が増すという
影響が出ます。

インスリンを増量させると、余分な血糖を尿中に排出する働きをします。
血液中の糖は、炭水化物の分解によって生まれます。
つまり、インスリンの多量分泌により血糖値が下がり、体内の細胞に供えられていた糖が血液中に取り込まれるために、糖の不足が起きて
炭水化物を補給しようと、脳が空腹を指示します。

これにより何かを食べずにはいられなくなり、肥満の原因になるんですね。

コーヒー1杯だけではこのような最悪な症状は起きないでしょうが
私のように毎日飲むのは、我ながら心配です(冷汗)。




posted by さるとび at 23:25 | Comment(1) | TrackBack(0) | ダイエット法

2007年05月24日

どうしても気になる多種多様なダイエット法

「メタボリックシンドローム」になってしまった人やその予備軍の方たちに
お送りします。
中年男性に送る、さるとび流ダイエットの提案です!
ダイエットの本来の意味は「改善」です。

ダイエット法は多種多様ありますね。
一つの食材をクローズアップさせたダイエット法。

「●●ダイエット」

なんでこんなに多くのダイエット法があのでしょう?
その答えを私なりに推測してみた、というより感じ取りました。

ダイエット商品を扱っている業界の企みなのではないでしょうか?
こんなこと言うとバッシングされそうですが、ダイエット法は
たくさん無くても良いと思います。

そう思いませんか?

以前にもこのようなことを書きましたが、どうしても納得できない。
どうしても見てみぬ振りが出来ないのです。

一つの食品にこだわらない、普通の食事法で充分です。
その食事法の内容を工夫すれば良いのですから

そう、私がいつも言っている「栄養バランス」です!
キャベツだ、チョコレートだ、炭水化物だと片寄る必要はありません。

色々あるから失敗する人もいれば、成功する人も居て、そこからリバウンドする人もでてくるんじゃぁないでしょうか?

チョイと文句たらたら状態になってしまいましたが
どうしても言いたかった一言

「多すぎるんだよ!」  です。

どれが自分に一番適合した方法なのか、実践する人の立場をもっと
考えて欲しいものです。

ダイエット商品取扱い業者間で、割り振りをして互いに利益を得ようとしているのが見えるようでイヤなんです。

今日は、文句タラタラでしたが
その理由は、私の妻がダイエット商品をとっかえひっかえ
購入していたのを発見したからです(泣)!

しかも食器棚の奥に隠してたんです(恕)!
皆さんの家庭は大丈夫ですか?

posted by さるとび at 21:25 | Comment(1) | TrackBack(0) | 健康ダイエット

2007年05月23日

和食の見直し

「メタボリックシンドローム」になってしまった人やその予備軍の方たちに
お送りします。
中年男性に送る、さるとび流ダイエットの提案です!
ダイエットの本来の意味は「改善」です。

現代は欧米食化してきたせいか、肥満症の人口が増えてきました。
男性1500万人、女性では1000万人と言われています。

これは異常事態と受け取るべきです!

肥満によって引き起こす怖い症状に、糖尿病・高脂血症・心筋梗塞・狭心症・ 脳梗塞・脳血栓・痛風・脂肪肝・睡眠時無呼吸症候群・変形性関節症・腰痛が挙げられます。

肥満者とそうでない人の死亡率を比べると、2〜4倍肥満者の死亡率が高いことが解っています。


ここで本題の「和食」です(笑)!

「和食」はダイエットに最適なんですよ。
それは、脂肪が少なく食物繊維が豊富であるということが理由として挙げられます。

比べて、洋食はラードや小麦粉、バターなどが多く使われているため
高カロリー食です。

日本人の内臓、特に小腸と大腸を合わせた長さは、ご存知の通り欧米人より長い造りになっている関係で、古くから食物繊維を摂取して、便秘にならないよう工夫された食事になっていたのです。

畑で採れた作物がおかずとして食され、バターやラード、マーガリンのようなものは使用しない、低カロリー食だったはずの日本人の食卓に、脂の多い牛肉などが出されるようになりました。
牛肉の中でも、「霜降り」といわれる牛肉が高価で美味とされています。

これこそが大いなる誤算だと、私は食材関係のテレビ番組を見るたびに、嘆いています。

細かな脂が満遍なく散らされている「霜降り肉」
その肉を食した芸能人は口をそろえてこう言います

「やわらかぁ〜〜〜い!」
「肉汁がすっごぉ〜〜い!」


正論です!
確かに、うまいでしょう!
確かに、柔らかいはずです!
あなたの言葉、ごもっともです!

キレイな花には棘がある。
これと同様に、美味い食材にも棘があるんです!

でも、時々しか(?)私は食べません!
このような脂の多い肉については、日本人と欧米人の見解には違いが有り、欧米人は油の多い肉は健康を害するという見方をして、あまり食されていないようです。

アメリカへ行って食べるステーキの不味さといったら、食べた人なら
うなずくでしょうね。

不味い原因は、脂が少ない肉を使用しているからです。

「牛肉は脂が美味い。」
私の父親はそう言ってましたが、子供だった私はその脂がイヤで
父の気持ちがわかりませんでした。

大人になった私は、父の言っていた意味を理解することが出来、それからというもの、牛肉大好き人間になってゆきました。(汗)

そうです。
太りました!

身をもって体験しました。
長年蓄積された脂肪は簡単には取れません。
和食中心の食事であれば、ダイエットを意識せずに体調面でも
良い方向へ向いて行くと思います。

見直しませんか?

「和食」を。


posted by さるとび at 23:29 | Comment(2) | TrackBack(2) | 健康ダイエット

2007年05月22日

低カロリー食品が売れている

「メタボリックシンドローム」になってしまった人やその予備軍の方たちに
お送りします。
中年男性に送る、さるとび流ダイエットの提案です!
ダイエットの本来の意味は「改善」です。

ダイエット食品で一番売れているのが、「低カロリー食品」
特に雑炊が売れている。

これは女性の傾向と思われます。

でも、心配です・・・・。

カロリー不足でどういった影響が出るのか、知っていて「低カロリー」食品を食べているのでしょうか?

カロリー不足は、カルシウム不足になってしまい、骨密度が減少し
骨折しやすくなります。

その他、体力の減退、集中力不足、新陳代謝の低下、ホルモンバランスに対する悪影響、皮膚への影響、脳の栄養不足、脈拍数の減少、体温低下などに影響が出ます。

ダイエット食品が悪いとは言いませんが、一日の食事3回として
そのうちの1回を、ダイエット食品で済ますというのであれば
気にするほどの影響は出ないかもしれませんが、人間も動物も
食べることにより命を維持することが出来ます。

低カロリー食品に飛びつき、1食約33kcalほどの食事で体重が減り
喜ぶ方の体内では、いったいどんなことが起こっているのでしょうか?

posted by さるとび at 23:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康ダイエット

2007年05月21日

ビタミンの力

「メタボリックシンドローム」になってしまった人やその予備軍の方たちに
お送りします。
中年男性に送る、さるとび流ダイエットの提案です!
ダイエットの本来の意味は「改善」です。

ダイエット食に炭水化物を減らす、というのが一般的な考え方にあります。

「炭水化物ダイエット」なんて名目で推奨されてますが、この炭水化物は、人が一日の中での運動(歩く、階段を昇るなど)の必要なエナルギーになる大切な栄養分です。

炭水化物は、体内でブドウ糖に変換され、肝臓でエネルギーに換えられます。

このエネルギーに換えられるときに必要なのが、ビタミンB1です。

ビタミンB1が不足すると、ブドウ糖はエネルギーに換えられなくなり、乳酸という物質になり、疲れが溜まりやすくなります。

では、ビタミンB1を効率よく摂取するには何を食べればよいのかというと、「豚肉」です。
ご存知の方もいたのではないでしょうか?

特に豚肉のヒレ肉100gには、1.34mgのビタミンB1が含まれています。
ただ、ビタミンB1は加熱に弱いため、効率よく吸収するために、にら、にんにく、玉ねぎなどと組み合わせると良いでしょう。
これらの野菜に含まれるアリシンという物質が、豚肉のビタミンB1の吸収を助けてくれます。

ここで注意ですが、炭水化物を摂る量は、人それぞれ一日の運動量が違いますので、肉体労働派か事務関係の座り仕事派なのかを
自分自身で判断できますので、それに合わせた食事を摂りましょう。






posted by さるとび at 22:50 | Comment(0) | TrackBack(1) | 健康ダイエット

2007年05月20日

消化酵素

「メタボリックシンドローム」になってしまった人やその予備軍の方たちに
お送りします。
中年男性に送る、さるとび流ダイエットの提案です!
ダイエットの本来の意味は「改善」です。

ダイエット食に必要なものは、既に述べてきた「3大栄養素」のほかに
ミネラルとビタミンだということは、理解いただけましたでしょうか?


代謝や消化するときに働く「酵素」は、エンエルギーの発生や、消化
、吸収、筋肉を動かすなどに大きく活躍します。

「酵素」は様々な種類があり、およそ3000種類にものぼるそうです。
この「酵素」の働を助けるのが「補酵素」なんです。

つまり、いくら栄養分を多く摂取したとしても、片寄った栄養分の摂取では、体内で吸収されにくいということなんです。

バランスのとれた食事法が、あなたのダイエットを可能にします。

posted by さるとび at 18:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康ダイエット

2007年05月19日

補酵素

「メタボリックシンドローム」になってしまった人やその予備軍の方たちに
お送りします。
中年男性に送る、さるとび流ダイエットの提案です!
ダイエットの本来の意味は「改善」です。

糖質が分解されエネルギーに変わるとき酵素が働きますが、酵素には補酵素が必要です。

補酵素にはそれぞれの働があり、糖代謝に働く「チアミン二リン酸」
電子伝達に働く「ビタミンB2」、「ナイアシン」などのほかにも
いろいろあるようです。

では、補酵素の役目を簡単に説明しますね。

食事により摂取した栄養素は、体内で代謝により必要な各部位(臓器や細胞など)に吸収されます。

摂取した栄養素を供給側とすると、その栄養素を必要とする側を
受容体になります。

この双方のやり取りの間に入って、受容体側にとってもっとも良い状態で栄養素を渡す役目を負うのが、補酵素の役目なんです。


補酵素を挙げると、キノン補酵素とビタミン穂酵素、その他の穂酵素に大別されますが、これらを説明するとなると、科学的な説明文になってしまいますので、省かせていただきます。(笑)

補酵素で良く知られているものでは「coQ10」が挙げられます。
人体にとって必要不可欠なものですから、年齢を重ねるとともに
補酵素は体内で生成される量も減ってきます。

その為、人体は老化してゆくのです。
皮膚がシワっぽくなったりするのも、補酵素の減少のためと言っても
良いでしょう。

それを知ったからこそ、女性はこぞって「coQ10」と記載されているサプリメントを購入するようになったわけです。

いつまでも若く、ハリのある肌を保ちたいとの願望と、老化に対する恐怖心がそうさせているのでしょうか?(笑)




posted by さるとび at 22:20 | Comment(0) | TrackBack(1) | 健康ダイエット

2007年05月18日

肥満は何故おこる?

「メタボリックシンドローム」になってしまった人やその予備軍の方たちに
お送りします。
中年男性に送る、さるとび流ダイエットの提案です!
ダイエットの本来の意味は「改善」です。

肥満の歴史、なんて書き始めると、とんでもなく長きなりそうなんで
触れる程度にしときます。

もともと人間は、この世に存在した時から食物を求める生活を送ってきたと想像はできますね。

猟で動物を捕獲したり、山で野菜類を物色。

今の時代は何処へ行っても、お金さへ持っていれば何でも食べれます。

食を求める生活では、肥満なんて存在さへしなかったはずです。
それが、いつも飢餓に苦しむ生活からの脱出の為、捕獲と生産へと
変化していったことは、想像できます。

豊かな土壌のおかげか、生産がうまく行くようになってゆくと共に
生活の知恵も豊かになって行く。

豊かな生活の知恵、飢餓への恐怖、これらが現代の飽食への道を徐々に造ってきたんでしょうね。

それと共に、肥満が生まれてしまいました。

飽食が産んだ現代病、「肥満」
「肥満」から生まれた「ダイエット法」

人間の知恵って、強く逞しく生きて行く為にあるんですね(笑)

posted by さるとび at 21:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康ダイエット

2007年05月17日

ミネラルの関わり

「メタボリックシンドローム」になってしまった人やその予備軍の方たちに
お送りします。
中年男性に送る、さるとび流ダイエットの提案です!
ダイエットの本来の意味は「改善」です。

ミネラルは酵素との関わりをもちます。
酵素とは、摂取した食物を分解・消化させることの他に、エネルギーを発生させ、細胞の活動に使われます。

酵素事態の構造は、タンパク質などに含まれるアミノ酸が数珠繋ぎになったもので、構造自体が安定性がありません。
安定感の無い酵素の構造を安定したものにするのがミネラルです。

ミネラルは、身体の構成に不可欠なもので、代謝による細胞の活性化
つまり、古くなった皮膚を捨て、新しい皮膚にする働きに関わります。

ミネラルが不足すると、代謝機能が鈍り、細胞への栄養供給のほか
免疫機能の低下により病気になりやすくなるのです。

皆さんは普段、食事やサプリメントなどでビタミンを摂取していますが、いくらビタミンを摂取したとしてもミネラルを同時に摂取しないと、ビタミンは何の役にも立ちません。

ビタミンは、ミネラルによって体内に取り込まれるからです!

3大栄養素のほかに、ビタミンとミネラルを同時に摂取することが
ダイエットにとって、最重要となります。

では、ミネラルってどんなもの?ってことになりますね(笑)
ちょいと例を挙げておきます。

■カルシウム・・・ごま・ひじき・のり・わかめ・昆布・脱脂乳
         チーズ・いわし
■ナトリウム・・・食塩・漬物・ハムなどの加工肉・塩辛いもの等
■カリウム・・・野菜・果物・海草
■マグネシウム・・・大豆・ピーナツ・ごま・わかめ・昆布・穀物
          くるみ
■銅・・・大豆・ごま・そらまめ・アーモンド・くるみ・牡蠣
     ヘーゼルナッツ
■亜鉛・・・穀物・大豆・小豆・ごま・しょうが・海草・魚卵
      かぶの葉
■リン・・・小麦胚芽・ビール酵母・いんげん豆・そらまめ
■鉄・・・きくらげ・あおのり・ひじき・カレー粉・黒コショウ
     大豆・小豆
■マンガン・・・玄米・小麦・大豆・小豆・くるみ・ごま・柿
        アーモンド・パセリ・きくらげ・海草
■セレン・・・小麦胚芽・ブラジルナッツ・わかさぎ・にしん・帆立・貝・蛤
■けい素・・・穀物・豆類・海草・緑黄色野菜

などなどなどです(汗)。


posted by さるとび at 22:34 | Comment(1) | TrackBack(0) | 健康ダイエット

2007年05月16日

意識がダイエットを加速させる

「メタボリックシンドローム」になってしまった人やその予備軍の方たちに
お送りします。
中年男性に送る、さるとび流ダイエットの提案です!
ダイエットの本来の意味は「改善」です。

人の意識というものは、思った以上の力を発揮します。

たとえば、自分は将来こうなりたい! と思ったなら、常に思い通りに望みが叶ったと意識しているだけで、本当にそのとおりになる確率が高まるそうです。

成功者との話の中で、「成功する為にしてきたことは?」と、質問をすると、「成功した自分の姿を意識し、自分が成功者になることを自分自身に言い聞かせることを、毎日続けてきた。」という答えが返ってきます。

これはダイエットとは話がかけ離れているようですが、決してそうとはいえません。

自分自身で行う、マインドコントロールです。

何かを始めてみたものの、このまま続けていっても成功するのか、失敗に終わるのか、不安を常に心の底に置いたままで行う。

どう考えても、行き当たりばったり見たいに思えますね。

つまり、目標をキッチリと決めずに始めてしまうより、自分が目指す目標をしっかりと決め、その目標に向かって努力して行く。

後者の方が断然成功する確率は上がりますよね!

”病は気から”なんて言葉もあるように
「ダイエットは意識から」という言葉を作っちゃいましょう!(笑)



posted by さるとび at 21:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康ダイエット

2007年05月15日

水とダイエットの関係

「メタボリックシンドローム」になってしまった人やその予備軍の方たちに
お送りします。
中年男性に送る、さるとび流ダイエットの提案です!
ダイエットの本来の意味は「改善」です。

水って身体にとって大切なのは、誰でも知っていますよね?

人間の身体って60〜70%は水分ですから、「水」は身体にとって大切な栄養ともいえます。

食事で摂った栄養分が体内で代謝することによって吸収されますが
その時に「水」が活躍します。

日本の水道水をそのまま飲む人は、少なくなったでしょうね。
水道水は軟水で、ダイエットには適していません。

硬水はマグネシウムやカルシウムが多く含まれており、お腹の弱い方はゆるくなってしまうかもしれませんが、軟水同様ミネラルも豊富です。

では、軟水と硬水の違いを述べますね。

水には硬さを表す硬度という数値があります。
その数値が100以内が軟水といわれ、100〜300を中硬水、300以上を硬水と区別しています。

朝の起床してから直ぐに飲むコップ1杯の水
食事中に摂る水
食間に飲む水
入浴前と入浴後に飲むコップ1杯の水
就寝前に飲むコップ1杯の水

上記のことを実践するだけで、体内の臓器を浄化することも出来
特に血液がドロドロ状になるのを防ぎます。
動脈硬化、心筋梗塞、脳梗塞など血液に関する突発性の病状を回避することも出来ます。

歌手の西城秀樹さんが、軽い脳梗塞後、普段の生活の中に
「水分を多く摂ること」を、医師に言われ実践していると話されていました。

各臓器が本来の働を取り戻し、摂取した栄養分の吸収から排出を、
とどこうりなく出来るようになれば、当然、脂肪は蓄積されず
体外へ排出、若しくは体内で燃焼してしまうため
太ることはなくなります。

現代の人たちは、普通の水を飲むよりジュースやお茶などを飲むことが多くなりました。
味はありませんが、「水」ってミネラルが豊富なんですよ!

posted by さるとび at 23:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康ダイエット

2007年05月14日

肥満2

「メタボリックシンドローム」になってしまった人やその予備軍の方たちに
お送りします。
中年男性に送る、さるとび流ダイエットの提案です!
ダイエットの本来の意味は「改善」です。

「肥満」の2回目です。

肥満を自覚して、初めてダイエットをしようと考えるのが一番多いのではないでしょうか?

肥満には2つの型があり、男性に多いのは「洋ナシ型肥満」かもしれませんね。
お腹のヘソ周りだけがポッコリ出てた肥満体型を「洋ナシ型肥満」と言います。

一方、身体全体的に脂肪がつき、まぁ〜るく見える肥満体型を
「りんご型肥満」と言います。

あなたはどっちでしょうか?
私は、多数派の「洋ナシ型肥満」に近いです(汗)(ToT)/~~~

どうして肥満になるんでしょう?

答えは簡単でした!
「食べすぎるから。」です。

食べ過ぎるということには、遺伝的な要因があります。
遺伝という言葉をつかうと、「親が太ってるから、子供も・・。」
と考えるのが自然ですよね。

よくよく考えると、遺伝的要因と環境的要因の2つが合わさって
子供も太りやすい体質になってしまいます。

親が食べている量を、子供にも与える。
つまり、親と子供の食事を分けないからです。

大人と同じような食事を子供が当たり前のように摂り続けて行くと
子供の身体に見合った以上の脂肪の摂取によって、燃焼や排出の許容量を超えるため、脂肪細胞がドンドン蓄積され、食欲を抑制するホルモンが作用しなくなってしまいます。

この食欲を抑制するホルモンが正常な働をすれば、食べ過ぎるようなことは無くなります。

ダイエットは、これらのホルモンバランスを正常化することで
決して太らない身体にすることができるのです。

簡単なところから始めてみましょう!

食事をゆっくり摂る。
つまり、口の中で最低30回噛むようにします。
これにより満腹中枢から「満腹だ」ということが脳に伝達され
「おなかいっぱい。」と感じます。

たったこれだけです。
一口づつ、30回の咀嚼(そしゃく)で、大食から脱出できます!

幼稚園児の子供でもやってることですから(笑)

posted by さるとび at 21:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康ダイエット

2007年05月13日

肥満症

「メタボリックシンドローム」になってしまった人やその予備軍の方たちに
お送りします。
中年男性に送る、さるとび流ダイエットの提案です!
ダイエットの本来の意味は「改善」です。

ダイエットを始めるきっかけになるのが、気になる病気の前兆であることを医師に注意されるとか、このままの生活を継続すると発症してしまう病名や死に至るような先刻を受けた時など、ハッキリ言って
危機感を感じた時でないと、男性はダイエットを実践しようとはしないものですね(笑)。

そんな危機感を感じるような病名の中で、今日は「肥満症」を取りあげます。

人はどんな状態である場合、「肥満」と言われるのでしょうか?

肥満指数というものがあり、健康体の基本指数としての数式は下記の通りです。

 BMI(肥満指数)(体重kg÷身長m÷身長m)=22

まず、自分の標準体重がどれくらいなのか、知っておくことから始めましょう。
数式は下記の通りです。

慎重170cmの人の場合、慎重をメートル単位に直します。
    1.7×1.7×22=63.58

この標準体重の20%を超過してしまうと、「肥満」と言われます。

わかりました?

大丈夫でした?

「肥満」がもたらすとんでもない症状を挙げます。
よぉ〜〜〜〜〜く、頭の中にインプットしておいて下さいね!

糖尿病、高血圧、高脂血症、動脈硬化症、胆石症、呼吸異常、腰痛
変形性膝関節症などです。

ちなみに、肥満度数が高くなればなるほど、死亡率も高くなります。

次回も「肥満」に関わる事柄を挙げていきます。
ダイエットでこれらの死に至るかもしれない危険な症状にならないように、予防と対策を考えながら、食事法を確率させて行きましょう。

posted by さるとび at 21:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 男のダイエット

2007年05月12日

脂質

「メタボリックシンドローム」になってしまった人やその予備軍の方たちに
お送りします。
中年男性に送る、さるとび流ダイエットの提案です!
ダイエットの本来の意味は「改善」です。

「脂質」というものは、ダイエットではどうしても摂りたくない物の一つとして考えられているようですが、「脂質」イコール「油」、という観念からでしょうね。

しかし、もう皆さんもご存知のように3大栄養素の一つである「脂質」は、炭水化物やタンパク質よりも少量で大きなエネルギーに変換することが出来る栄養素なんです。

反面、摂りすぎは肥満の元になるのは理解できますね?

この「脂質」は、ホルモン、細胞、角膜を構成し、脂溶性ビタミンである、A,D,Eの吸収を助けます。

「脂肪酸」は2つに分けられ、「不飽和脂肪酸」と「飽和脂肪酸」です。これらは脂質を構成しています。

不飽和とは、構造上バラついた構造になっていて、他の物質が入り込む余地がある構造と考えればよいでしょう。
常温では決して固まることがなく、液状を保ちます。

逆に飽和とは、固まった構造になっていて、他の物質が入り込めない構造なので、常温では固形化してしまいます。

固まりやすい飽和脂肪酸ばかりを摂取していると、血液中にコレステロールが溜まり、血管が詰まってしまう動脈硬化や、脳卒中などの原因になります。

そして不飽和脂肪酸は、そのコレステロールを減らす働があります。

ではどんな食品などに不飽和脂肪酸が含まれているのか、挙げてみます。

■魚類(イコサペンタエン酸(IPA)、ドコサヘキサエン酸(DHA)) オレイン酸(植物油)、リノール酸(植物油)、アラキドン酸(動物性油脂)

飽和脂肪酸が含まれるもの
■肉類、牛乳、乳製品、チョコレートなどに多く含まれます。

飽和脂肪酸だから摂取するのはやめようと思うのは、早計です。
何でもバランスです!
もう、解ってますよね(笑)



posted by さるとび at 17:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康ダイエット

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。