2007年04月30日

緑黄野菜の中からピーマン

「メタボリックシンドローム」になってしまった人やその予備軍の方たちに
お送りします。
中年男性に送る、さるとび流ダイエットの提案です!
ダイエットの本来の意味は「改善」です。

ダイエットを実践している人やメタボリック症候群の方たちに摂取していただきたい食材の中から、今回は
「ピーマン」を紹介します。

ピーマンというと、「野菜炒め」や「ピーマンの肉詰め」などが
主な料理でしょうか。

私もピーマンは大好きで、特に野菜炒めは大好物です(笑)

ダイエット食に緑黄野菜を取り入れるのは当たり前ですが
その一つ一つの効能を知り、その効能を頭の中で
「この食材の効能は・・・・・・。」と思い出しながら食べたりはしないでしょうね。

でも、食材の持つ効能を頭に思い浮かべながら噛み締める食事法も、身体にとってはとても良い方法なんですよ。
何気に食べるよりは身体が栄養分を吸収しやすくなります。

前置きが長くなっちゃいましたね。

では、効能です。

ピーマンには、ビタミンP、ビタミンCが含まれており
(P)は毛細血管を丈夫にする働きがあり、(C)は血液中の
脂肪代謝を促す働きがあり、コレステロール値を低下させる効果があります。
つまり、動脈硬化はもちろん、高血圧予防にも威力を発揮するっていうことですね。

それからこれは知ってましたでしょうか?
ピーマン一個には、同じ大きさのレモン一個分のビタミンCが含まれてるって!
すごいですね。
しかも、酸っぱくない!(笑)

ビタミンCというと、過熱してしまうとその効能が壊れてしまう
ことが知られていますが、ピーマンは、肉厚があり堅いということで、過熱しても栄養素が破壊されること無く、摂取できるということで、炒め物や煮物にも良いとされています。


ほかには、ビタミンCはウイルスによる感染症の予防にもなり、細菌に対する抵抗力を高めます。
まるで薬のようですね。

そういえば赤色のピーマンもあることをご存知かと思いますが、あれはもともと同じピーマンで、完熟したために赤色になっています。
栄養素も違っていて、ビタミンAは緑色のものの約3〜4倍
ビタミンCはレモンの約2倍含まれています。
甘みもありますので、一般的に生のままサラダに使われるようです。

ダイエットにもメタボリック症候群のかたにも、タンパク質や炭水化物、脂質に合わせて、ビタミンの各種を一緒に摂取することは大切です。

「健康な身体造りは食から」、を基本にバランス良く摂りいれましょう。

posted by さるとび at 10:46 | Comment(0) | TrackBack(1) | 健康ダイエット

2007年04月29日

そばの効能

「メタボリックシンドローム」になってしまった人やその予備軍の方たちに
お送りします。
中年男性に送る、さるとび流ダイエットの提案です!
ダイエットの本来の意味は「改善」です。

ダイエットをされている時に良く食べるのが「そば」ではないでしょうか?
なぜか「そば」はカロリー(約220kcl)が少なく、満腹感を満たすので重宝します。

そんな蕎麦にも身体にとって良い効能があります。

蕎麦にはルチンといわれる成分があり、ルチンによる効能が書きに示すものです。

・毛細血管を丈夫にし、血圧上昇物質の働きを弱め高血圧を予防する。
・高血圧予防に伴って動脈硬化や心疾患、脳血管疾患を予防する。
・すい臓の機能を活性化させ、糖尿病を予防する。
・脳細胞を活性化し、記憶力を向上させ、ボケを防止する。

これらの効能を見ると、メタボリック症候群にとっても良い食材と言えます。

ほかにもビタミンB、タンパク質、食物繊維が含まれています。

皆さんも蕎麦屋で食べた後、最後に「そば湯」を飲んだりしてますか?
そのそば湯には、蕎麦に含まれる効能成分がたっぷりと含まれているということで、飲んでいるようです。
しかし、塩分も含まれているので、塩分を気にする人は
飲みすぎに注意をしてくださいね。

私は蕎麦を食べる時、効能について考えたりはしませんでした。
ただカロリーが少ないとだけ知っていただけです。
ダイエットにもメタボリック症候群にも、お薦めできる
食材なんですね。

posted by さるとび at 17:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康ダイエット

2007年04月28日

山芋の効能

「メタボリックシンドローム」になってしまった人やその予備軍の方たちに
お送りします。
中年男性に送る、さるとび流ダイエットの提案です!
ダイエットの本来の意味は「改善」です。

今回はダイエット実践派の方々にとっても、中年男性にとっても
ちょっと興味深い「山芋の効果」について・・・・・(?)

どうして山芋が興味深いかって?

まぁまぁ、慌てずゆっくり行きましょう。

山芋はとても栄養価が高く、さまざまな酵素も含まれています
その酵素が腸内細菌の性状をよくすることで腸粘膜の機能を高めてくれます。

この酵素は熱を加えると酵素作用が壊れてしまう為、摩り下ろして食べるのが一般的です。

山芋を食べていると、腸が強くなり膵臓からインシュリンの分泌を正常にして、膵臓によけいな負担をかけることもなくなります。

ダイエットをしていると、食べ過ぎには注意をするものの
美味しいものはやはり、たくさん食べたいですよね。
そんな時は、この山芋を一緒に摂取すると、山芋の持つ酵素が
消化を助け栄養吸収をも助けます。

この山芋を摂取することを2日に1回とか、摂取するようにすると、胃腸が強化され栄養吸収もよくなり、いっしょに摂取した食べ物の消化も助けますので、お薦めです。

そしてそして、いよいよですが

病もにはすぐれた強壮効果がありますので、スタミナの増強がはかられ、基礎体力がつきます。
体が弱く、病気になりやす人を健康にしてくれる効果もあります。

「強壮効果」と聞いて、解った方もいると思います。
生殖器能を高め、生殖器能の障害を取り除いてくれたりもします
女性にとっても●●が高まるという効果もあるそうです。

ダイエットをしながら健康体になる食材を紹介しています。
これらをバランスよく取り入れることで、健康で大病をしない
身体を造る事が出来ます。
食生活の見直しって大切ですよ!

posted by さるとび at 23:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康ダイエット

2007年04月27日

日本人の大好きなマグロ

「メタボリックシンドローム」になってしまった人やその予備軍の方たちに
お送りします。
中年男性に送る、さるとび流ダイエットの提案です!
ダイエットの本来の意味は「改善」です。

好きですよねぇ、マグロ。

私も大好きなんですよ!
でも、中トロとか大トロは食べません。

脂が強すぎると言うか、中年には赤身で充分だと思ってるんです
妻にもそう言われてますんで・・・・。

ダイエット食にはもってこいの食材でもあります。
それにそれに
メタボリックシンドロームになってしまった人にとっても
良い食材なんですよ。

マグロやイワシなんかの青魚には,不飽和脂肪酸の一つであるEPA(エイコサペンタエン酸)が豊富に含まれているのです。

それにマグロには血栓を出来にくくする脂肪酸が含まれていて
コレステロール値を下げる効果があります。

コレステロール値を下げると言うことは、動脈硬化を防ぎ
心臓病の発生を減少させるのです。

ダイエット食にも、メタボリック症候群の方にも良い
マグロを見直してみてはいかがでしょう。

※※※ なるべく脂肪の少ないものを選びましょう ※※※

posted by さるとび at 22:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康ダイエット

2007年04月26日

日本酒の効能

「メタボリックシンドローム」になってしまった人やその予備軍の方たちに
お送りします。
中年男性に送る、さるとび流ダイエットの提案です!
ダイエットの本来の意味は「改善」です。

ダイエットの為にお酒を断っている方も多いと思いますが
中年男性にとってお酒は、嗜みであり唯一の楽しみでもあります

お酒を断ってまでダイエットを続けるなんて・・・。
そうお思いの方に、日本酒の効能を紹介します。

日本酒は有機酸、糖分、アミノ酸、ビタミンなどの100種類もの
成分がふくまれており、これらの成分がガン予防になると
再認識されています。

米麹に含まれる有効成分で、コウジ酸がありますが
これは細胞の老化を防ぎ、活性化作用の物質をもつそうです。
しかも美容効果もあり、肌の保湿作用ほか美白こうかもあるそうです。

驚いたことに、麹酸は化粧品や養毛剤にも使われています。

昔からお風呂にお酒をいれて入浴する、ということを実践していたことを耳にしたこともありますが
これにはしっかりとした理由の元に行われてきた(伝えられてきた)ことなんです。

お風呂にお酒を入れると、疲労回復や保温効果があり冬の寒い時でも湯冷めを防ぎますし、血圧の安定にも役立つんです。

お風呂にお酒を入れるときには守るべくルールがあります。
それは、湯の温度は37℃でぬるめにして、お酒はコップに3杯ぶんほど。
これで市販されている入浴剤なんて目でもないほどの効果を
得られます。

匂いが・・・と思われるでしょうが、この効果を知った以上は
やってみる価値はありますね。

posted by さるとび at 22:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康ダイエット

2007年04月25日

日本酒はどうなんだろ?

「メタボリックシンドローム」になってしまった人やその予備軍の方たちに
お送りします。
中年男性に送る、さるとび流ダイエットの提案です!
ダイエットの本来の意味は「改善」です。

ダイエットといってアルコールを控えている、中年男性諸氏にとっては、アルコール類の持つ身体にとって良い効能を知れば
黙ってはいられないでしょうね(笑)

今回は日本酒を取上げてみました。

本当に日本酒には、身体にとって良い効能や成分が含まれているのでしょうか・・・・。

調べてみると、これはビックリ!
良いことばかり書かれているではありませんか!

百薬の長とも言われている日本酒の効能はすばらしいものばかりです。

・糖尿病の予防
・がんの予防・抑制および抵抗力を高める
・狹心症・心筋梗塞などの心臓疾患の予防
・脳血管疾患の予防
・高血圧の予防
・健忘症の予防
・肝臓病の予防
・骨粗しょう症の予防
・アトピー性皮膚炎の予防
・ストレスの軽減
・老化の抑制
・保温・保湿効果、美白効果、あれ肌の予防効果
・肥満の予防
・抗パーキンソン病
・抗鬱病 
・精神安定効果 
・コレステロール低下効果 
・アレルギー抑制

まだまだ日本酒については、述べたいことがあります。
とにかく多いんです。
効能や効果が!

また明日も日本酒について書きますね。

おっと、一言。

「百薬の長」とは言っても、飲みすぎは「百害あって一利無し」
になってしまいますので注意しましょう!


                         

posted by さるとび at 21:19 | Comment(0) | TrackBack(1) | 健康ダイエット

2007年04月24日

ダイエット時の飲酒に

「メタボリックシンドローム」になってしまった人やその予備軍の方たちに
お送りします。
中年男性に送る、さるとび流ダイエットの提案です!
ダイエットの本来の意味は「改善」です。

今回は、ダイエットに気を使っていたとしても、それ程気を使わずに飲めるアルコールの中から

「焼酎」を紹介します。

中年男性にとっては、お酒やビールは、無くてはならぬもの
といったものかもしれませんが

ビールにはプリン体と呼ばれる成分があり、焼酎より多く含まれることから、敬遠されます。

「プリン体」とは、食事で取り入れるものと、体内で代謝によって生成されるものがあり、プリン体は、肝臓で尿酸に代謝された後、腎臓で老廃物としてろ過され、尿となって排出されます。

尿酸というのは大抵一定量に抑えられていますが、過剰摂取によりバランスが崩れ、血中尿酸濃度が7mg/100mlを越えると、「高尿酸血症」と診断されます。

この状態が継続すると、通風にを発症しやすくなります。
全国では59万人もの人が、通風の症状に悩まされています。

話を焼酎に戻しますね(笑)

焼酎には血液をサラサラにする効果を持っています。
赤ワインに含まれるポリフェノールは、血栓が出来るのを
防いでくれる効果がありますが

焼酎は赤ワインと違って、出来てしまった血栓を溶かす作用を
持っています。

「いも焼酎」、「麦焼酎」、「そば焼酎」といった
本格焼酎と銘打ったものを選びましょう。
あとは「泡盛」もいいですね。

ダイエットをしてるからといって、アルコールは辞めるべきと
私は考えていましたが

焼酎の効能を知って、適量なら全然okなんだと
ホッとしました(笑)

でも、ほどほどですよ!

posted by さるとび at 23:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康ダイエット

2007年04月23日

たまねぎの効果

「メタボリックシンドローム」になってしまった人やその予備軍の方たちに
お送りします。
中年男性に送る、さるとび流ダイエットの提案です!ダイエットの本来の意味は「改善」です。

今日は「たまねぎ」について述べまぁ〜す。

ダイエットやメタボリックシンドロームになってしまった人たちにとって、この食材も摂りたい一つですね。

効果としては、高血圧の予防に効果的ですね。
玉ねぎの皮だけを煎じた液を飲むと非常に効果的だそうです
しかし、だからと言って摂り過ぎには注意しましょう!

反対に血圧が下がりすぎる、ことになりかねません。

たまねぎというと、独特の辛みと香りは硫化アリルという物質の
もつ特徴ですが、ビタミンB1と一緒に摂取すると、消化液の分泌を助け、新陳代謝が活発化されます。

もし不眠症で悩んでいるかたでしたら、夕食時にはたまねぎの
料理を摂る習慣をつけるとよいとも言われています。

栄養を摂りたいと思うときは、生のままスライスして
かつお節を振りかけ、醤油で味付けするなどして食べると
栄養素をそのまま摂取できます。

普段から口にしている「たまねぎ」の効能を知ることで
たまねぎに箸を伸ばす時に、その効能を思い出して
一口一口、噛み締めて食べられるようになりますね(笑)

ダイエット食は、別に特別なものではありません。
栄養バランスをしっかり考えて食べることだけに注意を払えば
良いのです。

posted by さるとび at 21:15 | Comment(0) | TrackBack(1) | ダイエット法

2007年04月22日

舞茸の効能

「メタボリックシンドローム」になってしまった人やその予備軍の方たちに
お送りします。
中年男性に送る、さるとび流ダイエットの提案です!
ダイエットの本来の意味は「改善」です。

今日は、ダイエット食に取り入れたい食材の中から
「舞茸」を紹介します。

普段は野菜炒めや鍋物にいれて食べますね。
たぶん舞茸の効能のすばらしさを噛み締めながら、食べるなんてことはしないと・・・・思いますので
ここで紹介させていただきますね。

まずは栄養価ですが、ビタミンB2がとっても豊富です
このビタミンB2が身体にとってどのような良い影響をあたえるかというと、ビタミンB2は、体内に蓄積された余計な脂質や炭水化物を エネルギーに変換してくれる働きがあります。

また、舞茸にはグルガンという多糖類が含まれていて、このグルガンは体内に摂取されると血液中に溶け込み、体内の免疫機能の活性化を助けると言われ、ガン細胞の増殖を防いでくれるのです。

ほかにはビタミンDが含まれていて、カルシウムやリンの吸収を助けたりもします。

植物繊維も豊富で、腸内の老廃物を排出させ、大腸ガンを防ぐことにも役立っています。

ダイエットにとって、食習慣の改善は必須です。
良い食材を選び、栄養バランスを考えた食事で
健康で太らない身体を作りましょう。

posted by さるとび at 11:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット法

2007年04月21日

モロヘイヤの栄養価

「メタボリックシンドローム」になってしまった人やその予備軍の方たちに
お送りします。
中年男性に送る、さるとび流ダイエットの提案です!
ダイエットの本来の意味は「改善」です。

ダイエット食とはいっても、量を減らすことは禁物です。
栄養分をシッカリ摂って、健康体にならなければ
太らない身体にはなりません。

そんな中、食事で摂りたいビタミンA・B、カリウム・カルシウムや鉄分などが豊富に含まれる食材として

「モロヘイヤ」を紹介します。

味はいたって淡白で、クセの無いところがいいですね。
おひたしにするのが一番食べやすいかと思います。

モロヘイヤには食物繊維がたっぷり含まれており、なんとコンニャクの18倍も含まれているのです。
また、モロヘイヤには食物繊維と同様の働きをするムチンを含んでおり コレステロールを下げる効果もあります。

ムチンとは、粘液の主成分として考えられてきた物質で
細胞の保護や潤滑物質としての役割を担っています。

モロヘイヤには100g中に含まれるカロチンが野菜の中ではダントツ1位なんです。
血液中のカロチンの量が増加すると、ガン発生率が低くなることが 最近わかってきました。

この他にもモロヘイヤは、ビタミンB2の含有量がカロチン同様、野菜の中でもトップクラスと言われるほど多く
高血圧や動脈硬化にも威力を発揮します。

メタボリックシンドロームになってしまった方にとっては
最適な食材といえます。

ダイエット(改善)食には絶対取り入れたい、食材として
お薦めします。


おひたしは、最高ですよ!
カツオ節をまぶして、山芋やオクラを一緒にいれてみるのも
いいですよぉ!

posted by さるとび at 21:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット法

2007年04月20日

カッテージチーズは低カロリー

「メタボリックシンドローム」になってしまった人やその予備軍の方たちに
お送りします。
中年男性に送る、さるとび流ダイエットの提案です!
ダイエットの本来の意味は「改善」です。

ダイエット食のレシピには、本当に頭を悩ませていることでしょう。
3大栄養素をしっかり加えた栄養食って、なんか色の付いた形で、それぞれ違うブロックとブロックの組み合わせで
どのブロックを使おうが、必ず同じ形にしなければならないというか・・・・・。

えっ?
わかりづらい?

ですよねぇ! 私もよくわからん(爆)

最近ダイエット食に取り入れたりすることが多くなったのが
「カッテージチーズ」です。

カッテージチーズは、脱脂乳から作られるチーズのことです。
このチーズは脂肪分が少なく、味は淡白ですが、ほのかな酸味があって野菜なんかと和えても美味しくいただけます。

中年となってきますと、ゴマの和え物なんか
美味しいですよねぇ!
そこでこの、カッテージチーズとリンゴを細切りにして
入れたりしても、gooooooooooood!

私はこれでも味には煩いんです。
よく妻にしかめっ面されますけどね(笑)

今度は何にケチつける気なんだよ(怒)!ってな感じで。

皆さんも、味にはこだわったほうがいいですよ!
こだわることによって、食に関してより興味を持つようになり
栄養素についても気になり、缶やビン、袋に入っている食品のラベルに表示されている内容成分に、必ず目が行くようになります

ダイエット(改善)を本気で実践したいのであれば
そんな所から入っていくのもいいのではないでしょうか?

食に関心を持ち、味にこだわりを持つ。

なんか、名言みたいですね(笑)

posted by さるとび at 23:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット法

2007年04月19日

ヒト成長ホルモン

「メタボリックシンドローム」になってしまった人やその予備軍の方たちに
お送りします。
中年男性に送る、さるとび流ダイエットの提案です!
ダイエットの本来の意味は「改善」です。

タイトルに聞き慣れない「ヒト成長ホルモン」としましたが
これには理由があり、ホルモンのバランスこそが健康の源と
言っても良いからです。

ダイエットは食事の改善や生活習慣の改善、つまり生活自体の
見直しでもあります。
規則正しい生活を送ることができれば、体内のホルモンバランス
が常に良い状態を保つ事ができ、病気だって寄せ付けません。

ヒト成長ホルモンは、30〜40歳代には分泌量が減り
ホルモンバランスが崩れやすくなります。

だからこそ栄養バランスのとれたダイエット用の食事によって、ホルモンバランスを整えることが大切になってくるのです。

成長ホルモンの分泌が最適となってくると、このホルモンの
作用により、体脂肪を減少、筋肉量増加、免疫能力の増加
治癒力向上、肌の若返り 、髪毛の再生 、シワの減少
セルライトの除去、視力の向上 、気分の向上 、記憶力の向上
内臓強化 、骨密度の維持、 性的能力の強化という多くの
効果をもたらします。

しかしなかなかこの成長ホルモンの分泌を最適化させるには
普段の生活の中での食事では無理があります。

計算されたダイエット食事法でなければ、はっきり言ってむりです!

そこで調べました!

「HGH-PLUS」です。

ハーブを原料とした成分で、副作用の危険性は皆無だそうです。
上記のアフファベットの商品名で、検索すると
すぐに解ります。

ちょっと検索してみてください。
待ってますから・・・・









お帰りなさい!
どうでした?
小さめのビンに白色を基調としたラベルが貼られていましたね。
しかも、外国製であることが解りましたでしょうか?

日本では正規代理店から購入できるようです。

先ほど見て来た「HGH-PLUS」の”HGH”とは、成長ホルモンの
ことを指します。

これを決められた量(水100mlにスポイトで10滴)を最適な摂取タイミングで3ヶ月継続して飲み、その後2週間摂取を休む
これを1サイクルとして、3サイクル続けることにより
効果を実感できるようです。

ダイエット商品は本当に高価なものばかりで
本当はここで紹介したくなかったんですが・・・

ホルモンのバランスを整えることができると聞いて
黙ってられませんでした!

この商品を摂取すると、私が薦めるダイエットには「栄養バランスを考えた食事法」が霞んでしまいますね(汗)


posted by さるとび at 23:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット法

2007年04月18日

コーヒーの換わりにハーブティー

「メタボリックシンドローム」になってしまった人やその予備軍の方たちに
お送りします。
中年男性に送る、さるとび流ダイエットの提案です!

ダイエットというと、どうしても食事に比重が行きやすいのですが、食事といっしょに飲む飲料に関しても焦点をあてて見たいと
思い、前々回から飲み物を題材に引き続き挙げてゆきます。

今回は「ハーブティー」です。

これに関しては文句は言いません!

ハーブティは、油分の多い食事を摂った後に口の中をスッキリ
させたいと思ったときに飲んだりします。

私は別にハーブティーに詳しいわけではありませんが
コーヒーを飲むよりはこちらをお薦めします。

ハーブティーの中には、消化を助ける効果を持つものや
口臭予防、風邪の初期症状の緩和、身体を温める、不眠症に効く
リラックス効果、殺菌作用など種類によって
それぞれの効能があります。(調べました!)

食事の改善を私は薦めてきましたが、せっかく良い食習慣を取り入れたとしても、飲み物一つで栄養バランスを崩してしまうことになります。

食事を摂るのは「当たり前」ですが、ハッキリ言って
病気の時に飲む「薬」見たいなものですね。

どちらも健康体になる為に必要とされるものです。
体内の悪いところを治す為の薬の投与
それによって、症状が緩和され体内の各臓器などが正常な活動
を取り戻す。

病気によって体のバランスが崩れ、悪い処を治す為に全体力の多くを使うことになり、起きてはいられなくなります。

食事も摂取しなければ、体のバランスが崩れ体力も失われて行きます。
体内の各臓器などの機能が常に正常な働をするのを助けるために、口から栄養分を摂取します。

食事の改善(ダイエット)と共に、飲料水の改善もされては
いかがですか?





posted by さるとび at 23:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット法

2007年04月17日

コーヒーの続きです

「メタボリックシンドローム」になってしまった人やその予備軍の方たちに
お送りします。
中年男性に送る、さるとび流ダイエットの提案です!

コーヒーにはカフェインという成分が含まれていて、それが脂肪を燃焼する働きがあるということで、ダイエット法の一つとして色々なサイトで紹介されているようです。

なのに私は「コーヒーは良くない。」と言ってしまいました。

これには理由があり、コーヒーに含まれるカフェインは
脂肪を燃焼させる効果の他に

インスリンの分泌を高める働きを持っています。
1杯のコーヒーには、タバコ35本分の変異原物質も含まれているんです。

インスリンというと、糖尿病患者が投与を受ける薬だと
すぐにピ〜ンと来た人も多いのではないでしょうか?

インスリンは健常者であれば、膵臓から分泌され、血糖値が上がりすぎるのを抑えるホルモンを指します。
糖尿病になってしまった人は、このインスリンの分泌が不足して
血糖値が通常より上がってしまう病気でもあります。

その為血中に取り込んだ栄養素が体内であまった状態になり
だんだん肥満化していきます。

つまり、ホルモンバランスが崩れた状態であるということですね

ここでコーヒーに話を戻しますが、もう気付いた人もいるでしょうが、カフェインがインスリンの分泌を高める効果があるということは、健常者であり、糖尿病にはなっていないが肥満が気になる人の場合

インスリンの過剰分泌は何の役にもたちません。

そして「変異原物質」ですが

食品を摂氏800度以上の熱で焼かれると、変異原物質が生まれる可能性が高いことがわかっています。
詳しく言うと、直接高熱で焼くことによって食品がもつ細胞の突然変異を誘発し、準発癌物質が生まれる可能性が高くなるのです

この他にも皆さんの大好きな「焼き鳥」も同じです。

焼き鳥はじかに火を当てながら焼いてます。

昔の人は食に対する知識が豊富で、しちりんで焼く秋刀魚やイワシには、必ずといってよいほど大根のおろしを添えていました。

大根や根菜類には「変異原物質」の力を弱める成分が含まれていたのです。

私は以前から、何故焼いた秋刀魚には大根おろしが付いているんだろう? と思っていました。
このことを知って、昔の人の食に対する研究意識の高さに
感服しました。

コーヒーは欧米の食文化です。
それを、憧れ的な考えからドンドン取り入れてきた日本人
日本の食文化は、いまや欧米化され、当たり前のように
日々の中に溶け込んでしまってます。


日本人には日本人に合った、食文化があったのに・・・・。






posted by さるとび at 23:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット法

2007年04月16日

コーヒーはダイエットに良い?

「メタボリックシンドローム」になってしまった人やその予備軍の方たちに
お送りします。
中年男性に送る、さるとび流ダイエットの提案です!

私はコーヒーが大好きです。
一日に最低2杯は飲みます!

そこでコーヒーってどうなんだろう?
そう思ったら居ても立ってもいられず、調べてみることに・・。

ダイエットを特集しているサイトを見たところ
「コーヒーに含まれるカフェインがダイエットに効果的」と
説明されていました。

カフェインには脂肪の分解を促進するリパーゼと言う酵素を活性化し、体内の貯蔵脂肪が分解されて血液中に送り込まれ、さらに筋肉に送り込まれてエネルギーとして消費されるので
体内の脂肪が、カフェインを飲む事によって分解されやすい状態になるということなんですが

なにか?

って私に聞きました?

まぁまぁ、カフェインは確かに他にも優れた効能を身体に与えます。
例えば、利尿作用、運動能力の向上、血糖値の低下、消化を助ける、口臭予防、リラックス効果などなどです。

確かに脂肪燃焼作用はあります。
だからと言って、なんでも脂肪を燃焼させる食品や嗜好品を
口にすれば、良いというわけではありません。

日本人は欧米人に影響を受け、現代ではコーヒーを飲む習慣さへ
ついてきました。

アメリカでは、コーヒーの飲みすぎに注意するよう食品医薬品局が警告をしてます。
しかし、日本ではそんな話さへ聞いたことがありません。

私たちは健康な身体を手に入れることが最善です。
それには過剰な効能や効果を引き出したりする食品や嗜好品を
多く或いは、一切摂取する必要はありません。

コーヒーを愛する私にとっては多少の未練はありますが
これからはミネラルウォーター派になって行こうかと
考えています。

あぁっと、ハーブティーはぜんぜんオッケーですよぉ!(笑)

カフェインを摂ることが何故良くないのか・・・
脂肪燃焼効果バツグンの物質なのに・・・
朝食に食パンとコーヒーだけなんて、最悪です。


詳細は次回に

posted by さるとび at 23:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット法

2007年04月15日

栄養学を学び中です。スンマセン!

「メタボリックシンドローム」になってしまった人やその予備軍の方たちに
お送りします。
中年男性に送る、さるとび流ダイエットの提案です!

前回は朝食時におけるサラダの必要性を述べましたが
今回は、なかなか栄養バランスを考えながら摂取できない
昼食について述べたいと思います。

昼食はどうしても外食か仕出し弁当などになってしまいますね
(奥様に作って頂いているかたは別として)

そこで、昼食時に食べたものをメモに記入することを薦めます。

それによって摂りすぎた栄養素や、足りない栄養素が解ります
それを夕食で調整します。

えっ?
栄養分の計算が出来ない?

そうかぁ・・・・・。

そうですよねぇ〜。

そこが問題ですねぇ。

え〜〜〜〜〜〜〜〜〜と。

なんとか勉強し・・・ませんか?

いやだ?

ふざけんな?  ですか・・・・。


栄養バランスを考えた食事で、1日の摂取カロリー(エネルギー)
を1000〜1300kcaにすると良いと思います。

こんな簡単な言い方しか今はできません。
将来的には、タンパク質や炭水化物、脂質に分けた
栄養成分の早見表を作成して、無料レポートとして
アップしたいと考えています。

今は必死に勉強中で、むやみに例を挙げると
それが間違いである可能性もありますので
なんとか皆さんのお役に立てるよう、キッチリとした形で
報告したいと思っています。

それまではどうか、皆さんも栄養についての本を読むなどして
いただければと思います。

なんせ皆さん自身のことですから(私を含め)。

posted by さるとび at 13:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット法

2007年04月14日

朝食メニュー

「メタボリックシンドローム」になってしまった人やその予備軍の方たちに
お送りします。
中年男性に送る、さるとび流ダイエットの提案です!

皆さんの朝食は、どんな食品を口にしてますか?

「ダイエットをしてるから、朝食は抜き。」なんて
病気になり易い身体にするようなことは決してしないで下さいね。

私が毎朝必ず食べているのは、「野菜サラダ」です。
これは妻に作って貰っています。

サラダなら何でも良いわけではなく、4種類の野菜を摂るようにしたらいいと思います。

「ダイエット」は前にも申しましたが、「改善」です。
食習慣の改善によって、健康で太らない身体にすることができます。

その食習慣に朝食は必須です。
朝は、その日に必要とするエネルギー摂取の第一段回です。
つまり、午前中に必要なエネルギーの補給ですね

そして昼には、午後の為のエネルギー補給です。
しかし、この2回の食事で身体が必要とする一日のエネルギーを
すべて摂取できるわけではありません。
人それぞれ、一日に必要とする栄養分の量は違います

それを3回に分けて、摂取するのが「食事」なんです。

食事とはそれだけ大切なものなんです。
命の維持を目的と考えても良いと思います。

ですから健康体でいなければならないのです。

健康な身体でなければ、命は儚いものになってしまうでしょう
健康な身体でなければ、病に苦しむ毎日を送ることになるでしょう
健康な身体でなければ、楽しい人生を送ることは出来ないでしょう
健康な身体でなければ、大切な人を守ることはできないでしょう
健康な身体でなければ、夢を叶えることもできないでしょう

命の尊さを再認識し、後悔の無い人生を送りましょう。
(重いコメントばかりになっちゃいました(汗))


##### 朝食のサラダの例として #####

トマト(小1個)、レタスかたまねぎ(1/4)
きゅうり(1/4)、ブロッコリー(3房)
総重量120gほど

飲み物は水が一番です。(これからの季節は、氷を入れても良いですね)






posted by さるとび at 23:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット法

脂質の取りすぎ

「メタボリックシンドローム」になってしまった人やその予備軍の方たちに
お送りします。
中年男性に送る、さるとび流ダイエットの提案です!

食事を作る際、調理では植物油を使用するなどして油分の過剰摂取には気を使っているのは解りますが
問題はそこではありません。

食卓にはご飯や味噌汁、おかずやサラダ。
野菜を摂るのも健康の為ですもんね^^

では

サラダには何をかけますか?

ドレッシングですか?
マヨネーズですか?

ドレッシングにしてもノンオイルの商品もありますので
そのような商品を使用すればいいでしょうね。

では

他に

何が

まずいのか?

スナック菓子なんて食べますか?

あれって、食事で摂る油脂分の2.5倍ほどの量があると
言われています。
食事での摂取より、何気ない食事と食事の間の小腹が空いた時に
口にしてしまうスナック菓子に注意を払うようにしてください。

意外と油脂分の多い菓子があるんです。
ダイエットを常にしている方は、食間の摘み食いは決して
しないでしょうが
色々なものに油脂分が含まれているんですね。

posted by さるとび at 00:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット法

2007年04月12日

オリーブオイルの効能

「メタボリックシンドローム」になってしまった人やその予備軍の方たちに
お送りします。
中年男性に送る、さるとび流ダイエットの提案です!

前回、イタリアやフランスでは心臓病の発生率が低いと
書きましたが、その理由がオリーブオイルを食生活において
摂取する機会が多いことを挙げました。

ところが日本では、油分の摂取を控える傾向がここ数年来続いて
居るにもかかわらず、日本人の死亡原因で多いのは
1位の「ガン」に続き、「心臓病」が2位なんです。

これは何を意味するのでしょうか?

日本人は油分の摂取を控え、調理には体に良いとされる
植物油を使用して、健康に気を使ってますよね。

とんかつやコロッケを揚げる場合にも、植物油を使用して
これで安心!とばかりに、台所には当たり前のように
植物油のボトルが安心かを醸しだしています。

でも、それでも心臓病での死亡率が高いのはいったい・・・。

   ?
   ?
   ?
   ?

その種明かしは明日!

posted by さるとび at 20:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット法

2007年04月11日

オリーブオイルもダイエットに役立つ

「メタボリックシンドローム」になってしまった人やその予備軍の方たちに
お送りします。
中年男性に送る、さるとび流ダイエットの提案です!

オリーブオイルというと、スパゲティなんかで使用されてるなぁ
という感じでしか思い浮かびませんでしたが
なんか、身体にとっては良いらしい!

皆さんのイメージも私同様、イタリアン系の食事に使用されているイメージがあると思います。

そのせいか、日本人はオリーブオイルを積極的に使おうとは
しないようですね。
だって、イタリアの人たちって、中年男性も女性も皆太ってます
からね。(笑)


ところがどっこい!

これがメタボリックシンドロームや高血症なんかで悩んでいる人にとっては、グッドアイテムなんです。

オリーブオイルには悪玉コレステロールを抑え、心臓病の罹患率を抑える働きがあります。

イタリアやフランスの人で肥満体が多いのに
心臓の罹患率が低いのは、食習慣としてオリーブオイルを摂取
していることと、ワイン(赤)を食事時に摂取することが多い
為だそうです。

※罹患率とは、特定した病気が発生する人口の割合

ワインの効能についても述べたいのですが
本日はここまでにしておきます。
また明日(ペコリ)

posted by さるとび at 23:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット法

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。